食卓の定番○○と○○は「地獄の食べ合わせ」だった

公開:

6月25日放送の『健康カプセル!ゲンキの時間』(CBC・TBS系列、毎週日曜7:00~)では、薬味の食べ合わせについて掘り下げる。

料理の味を引き立てる薬味だが、実は健康効果を上げたり下げたりする食べ合わせがある。食卓に上がる定番の薬味にも、実は「地獄の食べ合わせ」と言われるほど合わない食べ合わせがあるという。

そこで今回は、砂丘で有名な鳥取県を訪れ、夏こそ食べたい薬味と珍しい調理法、また健康効果をアップさせる食べ合わせを紹介。取り上げられるのは、鳥取の子どもたちの大好物だという、地元ではパンに添えられる薬味のほか、血液サラサラ効果や抗がん作用が期待でき、地元の農家は風邪知らずだという薬味、実は食物繊維の王様で、ごぼうよりも繊維が豊富な薬味など。

また、みょうが、シソ、さんしょうの健康効果を上げる食べ合わせも紹介。夏バテ予防が期待できるみょうがの効果を上げるのは、酢、油、レモンのうち一体どれなのか。