桜田通ら、飯豊まりえ&武田玲奈と航海士目指す『マジで航海』追加キャスト発表

公開: 更新:

飯豊まりえ武田玲奈がダブル主演を務める、MBS/TBS系ネットの新ドラマ『マジで航海してます。』(MBSでは7月2日スタート・毎週日曜24時50分、TBSでは7月4日スタート・毎週火曜25時28分)に、桜田通、BOYS AND MENの勇翔井澤勇貴池本啓太が男子学生役で出演することがわかった。

本作は、ある大学の練習船「未来丸」を舞台に、1年生の坂本真鈴(飯豊)と石川燕(武田)が、新入生最初の試練である「乗船実習」に参加し、厳しい訓練メニューや船酔いに立ち向かいながら、仲間の男子学生と共に外航船員を目指して奮闘する青春“船舶”コメディ。真鈴と燕は、東西の2大学から集まった4人の男子実習生とチームを組み、「男子が8割」という男だらけの船の上で1ヵ月を過ごす。

映画・ドラマで活躍中、若手注目株の桜田は、真鈴らと同じ関東商船大学1年生で、燕のことが気になっているヘビー級のシャイボーイ・八木大和役で出演。BOYS AND MENとして、ドラマのために書き下ろされた主題歌「帆を上げろ!」を歌う勇翔は、神戸海南大学の1年生で、筋肉自慢の鳴海新太役。井澤は、海南大1年生だが、外資系企業を辞めて航海士を目指す25歳・既婚者の木暮健介役。そして池本は、商船大1年生で、頭脳派で船や海を調べつくす山田翔太郎役を、それぞれ演じる。

また、ドラマを支えるベテラン・実力派キャストの出演も決定。「鬼の横山士官」の異名を持つ航海科先任士官・横山和也役に堀部圭亮、飄々としているが常に冷静沈着な「未来丸」船長・林田洋之介役に温水洋一、同じ船好きとして真鈴に理解を示す次席一等機関士・関根啓司役に岡田浩暉、クールで操舵室まわりの指導を行う次席一等航海士の藤原茜役に岩井堂聖子が、それぞれ脇を固める。

さらに今回は、オレンジと青の訓練着に身を包んだキャスト6人が、風に棚引く旗をバックにポーズを決めるメインビジュアルも公開。「船」と「海」を感じさせる、爽やかで勇ましいデザインで、ドラマの世界観が見事に表現されている。

なお、本作では外航船員(航海士、機関士など)の魅力や醍醐味を伝える「J-CREWプロジェクト~やっぱり海が好き~」や、船員を養成する各大学の協力を得て、実際の船員や候補生への取材をもとにシナリオ作成や撮影を行っている。航行する船上での訓練シーンはもとより、食事・入浴など船内での生活風景、陸から長期間はなれて働く船乗り特有の生態などがリアルに描かれている点も大きな見どころとなる。

桜田ら男子学生を演じる新キャストのコメントは以下の通り。

<桜田通(八木大和役)>
船の上での若者たちの青春ストーリーになるかと思いきや、船酔いなどリアルな描写をコミカルに描いた、笑って泣ける作品になっていると僕は願っています。表情やリアクションなど、今までの作品では挑戦したことのない演出もあったので、僕もこのドラマを観て下さる皆様と一緒に最後まで楽しみたいと思います。

<勇翔(鳴海新太役)>
今回キャストの方とは全員初共演でしたがすぐに打ち解けることができ、遠慮することなく撮影できたと思います。監督も面白い方でコメディシーンは全力でバカやらせていただきました。衝突しながらも実習生一人一人が成長していく、爽やかで夏にぴったりの青春ドラマだと思います。是非沢山の方にご覧頂きたいです!

<井澤勇貴(木暮健介役)>
青春コメディですが、題材が「航海士」なので一味違った楽しみ方ができると思います。数日間ではありましたが、実際に船の上に立ち乗組員の方達に色々教えて頂き貴重な経験、そしてチームワークを学べました。マジで見て欲しいです。

<池本啓太(山田翔太郎役)>
翔太郎は体力自慢の学生が多い中、線も細くメガネをかけていて、デリケートですぐにお腹を壊しやすい少年です。翔太郎を含め仲間達が少しずつ成長して行く姿はこのドラマの見どころです。僕は青春ドラマに出るのが夢で、今回このドラマの現場で歳の近い共演者の方々と共に青春を演じ、過ごす事ができて最高に幸せでした。