藤原竜也『リバース』湊かなえも「驚かされたい」と期待のドラマオリジナル結末とは

公開: 更新:

藤原竜也主演の連続ドラマ『リバース』(TBS系列、毎週金曜22:00~)の最終話が、6月16日に放送。今回は、原作の結末のその後がドラマオリジナルで描かれる。

湊かなえの同名小説を映像化した本作は、深瀬(藤原)が10年前に起きた親友・広沢由樹(小池徹平)の不審死の真相と向き合っていく姿を描いたヒューマンミステリー。深瀬や広沢のゼミ仲間で、事件が起きた旅行に同行していたメンバーとして玉森裕太(Kis-My-Ft2)、三浦貴大、市原隼人らが出演している。

前回の放送では、広沢が事故死したのは、運転直前に深瀬がそば蜂蜜入りのコーヒーを渡したことがきっかけだと判明。そばアレルギーだった広沢が、運転中にアナフィラキシーショックを起こして事故を起こしたのだと気付いた深瀬は、大きなショックを受けた。

そして、ドラマスタート前に行われた制作発表で、原作者の湊が「誰も知らない10話が楽しみ。いち視聴者として驚かされたい」と期待を寄せていたドラマオリジナルの最終話。事件の真相を知らない浅見(玉森)、村井(三浦)、谷原(市原)らが、急に音信不通になった深瀬のことを心配する。しかし、時間が経っても連絡は取れないままだった。

そんな中、美穂子(戸田恵梨香)は、元恋人・広沢の事件を忘れさせないため、そして今まで自分がしてきたことを謝るため、浅見、村井、谷原、そして谷原の妻・明日香(門脇麦)らと会うことに……。