フジテレビ、バスケットボールW杯などFIBA国際大会の放送権を獲得

フジテレビは、FIBA(国際バスケットボール連盟)が主催する2017-2021シーズンの国際大会の放送・配信権を獲得したと発表した。

フジテレビは、2013シーズンから放送権を獲得し、男子の「FIBAバスケットボールワールドカップ」、「FIBA女子バスケットボール世界選手権」や、日本女子がリオ五輪出場権を獲得した「FIBAアジア女子バスケットボール選手権」などをCS放送フジテレビNEXT ライブ・プレミアムを中心に放送してきた。

今回、2017シーズンから大きく大会方式がリニューアルされたFIBA国際大会の5年間にわたる放送権を獲得。2020年に迫った東京オリンピックを目指す日本代表、そして世界の強豪国による熾烈な戦いを伝えていく。

主な放送チャンネルは、CS放送のフジテレビONE スポーツ・バラエティ、フジテレビTWO ドラマ・アニメ、フジテレビNEXT ライブ・プレミアムで、インターネットチャンネルのフジテレビONEsmart / TWOsmart / NEXTsmartでもライブ配信される。

現在放送が決定している主な大会は下記の通り。

■『FIBA女子バスケットボールアジアカップ2017』
開催期間:2017年7月23日~29日
開催地:バンガロール(インド)
放送:フジテレビNEXTで日本戦全戦を放送

■『FIBAバスケットボールアジアカップ2017』
開催期間:2017年8月8日~20日
開催地:ベイルート(レバノン)
放送:フジテレビNEXTを中心に日本戦全戦を放送

■『FIBAユーロバスケット2017』
開催期間:2017年8月31日~9月17日
開催地:ヘルシンキ(フィンランド)、テルアビブ(イスラエル)、クルジュ=ナポカ(ルーマニア)、イスタンブール(トルコ)の各会場
放送:フジテレビNEXTを中心にグループステージから決勝まで厳選カードを放送

■『FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア一次予選・二次予選』
開催期間:2017年11月23日~2019年2~25日
開催地:各地
放送:フジテレビNEXTほかで日本戦を生中継予定(調整中)

■『FIBAバスケットボールワールドカップ2019 欧州一次予選・二次予選』
2017年11月23日~2019年2月25日
開催地:各地
フジテレビNEXTほかで生中継予定(調整中)

■『FIBA女子バスケットボールワールドカップ2018』
2018年9月22日~30日
開催地:スペイン
放送:フジテレビONE/TWO/NEXTで生中継を中心に放送

■『FIBAバスケットボールワールドカップ2019』
2019年8月31日~9 月15日
開催地:中国
放送:フジテレビNEXTほかで生中継予定(調整中)

■『FIBAバスケットボール東京オリンピック最終予選(男子/女子)』
男子:2020年6月、女子:2020年6月
放送:調整中

※このほか、FIBAが主催する国際大会を随時放送予定。