トレエン斎藤、大暴走「東京おもちゃショー」でブルゾンちえみの「35億」披露

公開: 更新:

お笑いコンビのトレンディエンジェル(たかし・斎藤司)が、1日、東京ビックサイトにて始まった「東京おもちゃショー2017」のタカラトミーブースで行われた『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』ステージショーに登場した。

同アニメは、日本を代表するミニカーブランド「トミカ」と完全連動するスペシャルコンテンツ。タイトルにある「ドライブヘッド」とは、今から少しだけ未来に開発された、警察・消防・救急それぞれの能力に特化している特殊機体のこと。物語では、小学生が操縦する3機のドライブヘッドが、街を脅かす災害や事件に立ち向かう姿が描かれる。

声優として同アニメにレギュラー出演中の2人。これまでもアフレコの経験があるという斎藤が、今回演じている悪党・ユウスケ役について「今回は毛色が違うというか……」と切り出すと、たかしは「毛の色が?」とすかさずツッコミ。斎藤は「はい、違う毛の色の人をやるので苦労しました……ってそういうことじゃない(笑)」とおなじみの頭髪ネタを披露し、会場を盛り上げた。

司会の宇内梨沙TBSアナウンサーに、改めてアフレコで意識していることを聞かれると、気を取り直した斎藤は「たくさんのちびっ子が見てくれていると思うので、悪い奴だけど親しみやすさを意識しました」と、ユウスケの相棒・アキラ役のたかしも「とにかく噛まないようにしました」と語った。

そしてイベント中盤では、第1話の冒頭シーンである、ユウスケとアキラが強盗を働き、札束を持って逃亡するというシーンをその場で再現することに。最初は台本通りに声を当てていた2人だが、勢い付いてきたのか斎藤が徐々に暴走。台本に目もくれず、ブルゾンちえみの「35億!」、ジョイマンの「ナナナナーナナナナーナナナナ軟骨」、ワッキー(ペナルティ)の「乳首のずれてるポリスマン」など、アニメ映像に合わせて他人のネタを勝手に披露し、たかしを困らせていた。

このほか、アニメに登場するキャラクター「ドライブヘッド01 ソニックインターセプター」が登場すると、2人は「格好良い」と目を輝かせ、「相撲でも取ろう」と誘いかけていた。

『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』は、TBS系全国28局ネットにて毎週土曜7時より放送中。