イケメン俳優・桜田通、老舗料亭の跡取り役で『3人のパパ』出演

公開: 更新:

ミュージカル『テニスの王子様』で主演を務めるなどして活躍中の俳優・桜田通が、5月24日に放送される連続ドラマ『3人のパパ』(TBS系列、毎週水曜23:56~)第6話にゲスト出演し、幼少期に別れた母親との再会に戸惑う青年を演じる。

本作は、「ゆとり・さとり世代」と呼ばれる世代の男たちが、突然現れた赤ちゃん・晴大の子育てを通して成長する姿が描かれるハートフルコメディ。主演の堀井新太は、高校時代の友人たちとシェアハウスに暮らす明るく能天気な主人公・平林拓人を演じる。また、山田裕貴が、拓人の友人で商社に勤めるエリート・羽野恭平役、三津谷亮が、同じく拓人の友人でアパレルブランド勤務の岡山朔役で、それぞれ出演している。

今回桜田が演じるのは、幼少期に別れた母親との再会に戸惑う“さとり世代”の青年・西川亮介。拓人ら3人にとって亮介は、母親の分からない晴大と境遇が重なる存在でもあり、晴大の将来を改めて考えるきっかけになっていく。

ある日、拓人らは晴大を連れ、大家の美奈子(濱田マリ)らと花見へ行くことに。出発しようとすると、美奈子は「用事を思い出したから少し待っていてくれ」と出かけていく。その間に3人は、ひょんなことから若々しい美奈子と小さな男の子のツーショット写真を発見。写真の裏に「亮介5歳の誕生日」と書かれていたことから、3人は、美奈子には生き別れた息子がいるのではないかと推測する。

その時、西川亮介と名乗る青年が、美奈子を訪ねて来る。名前を聞き、彼が美奈子の息子だと確信した3人は、シェアハウスに招き入れ事情を聞く。京都の老舗料亭の跡取りである亮介は、最近になって本当の母親が別にいると知ったと告白。そして、美奈子が本当の母親だと主張し……