原田龍二、アキラ100%との“全裸コラボ”を実現させた“丸腰の美学”を告白

公開:

原田龍二とアキラ100%が、5月21日(日)放送の『マルコポロリ!』(カンテレ・毎週日曜13:59~)にゲスト出演。昨年の大晦日に放送された特番で見せた衝撃の“全裸コラボ”の舞台裏を明かす。

アキラ100%の裸芸“丸腰刑事”を俳優の原田が一緒に行う。そんな前代未聞のコラボについて、特番に出演していた芸人リポーターの月亭方正は「それはもう、衝撃でしたよ!」と語り、信じられない思いから始まり、最終的には驚きの分、笑いに変わっていったと明かす。

また、その時の原田の芸が完璧すぎて、途中から誰もアキラ100%に注目しくれなくなったようで、アキラ本人も「エゴサーチをよくするんですが、僕よりも原田さんのネタだと思っていらっしゃる人が多くて……。僕を飛び越えちゃった」と当時の様子を振り返る。

その裸芸で見事優勝を勝ち取った『R-1ぐらんぷり2017』の話題では、MC東野幸治に「当日のネタの感触は?」と尋ねられ、「このネタなんで、決勝にまで行けると思っていなかった。生放送だし。そしたらもう、あれよあれよという間に勝ち上がり、優勝まで出来て、信じられない気持ちでした!」と、栄光の瞬間について語った。

さらに、「『丸腰でしかやらない!』俳優・原田龍二のヤンチャ伝説&男の美学」と題し、“丸腰刑事”のオファーを即決したという原田の生き様に迫っていく。10代のころはかなり“ヤンチャ”で、売られたケンカは必ず買っていたという原田。ケンカのポリシーは、いかなる道具も持たず素手で戦うこと。このころからすでに“丸腰”を貫いていた原田の壮絶すぎるケンカ列伝や、戦いの果てに編み出した必勝技「原田スペシャル」を大公開。そして近年“温泉俳優”と呼ばれるほどに温泉ロケの仕事が多い原田。入浴シーンでも、バスタオルで股間を隠さない“丸腰”を美学に、生まれたままの姿をさらし続ける理由や、意外にも“三枚目”な素顔を激白する。

一方、アキラ100%も『R-1』優勝から激変した芸人人生を告白。放送事故ギリギリを突っ走る裸芸の知られざる苦労を明かすほか、ドキドキの丸腰ネタをスタジオで生披露する。そのほか、現在抱えている悩み事の話になると、芸人人生に関わってくる重大な事態を告白。番組では、その悩みを解消するために“あるもの”をプレゼント。スタジオに運びこまれると、「えーー! 嬉しい! ありがとうございます!!」と、目をキラキラ輝かせ大喜び。本人が「もう諦めていた」というプレゼントに注目だ。