小栗旬&西島秀俊、ホームセンター貸し切り“1分半”の超ド派手アクションを披露

小栗旬西島秀俊が共演するドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系列、毎週火曜21:00~)の第6話(5月16日放送)で、小栗と西島が5人を相手に立ち回るド派手なアクションシーンが繰り広げられる。

本作は、元自衛隊員の稲見朗(小栗)と元公安の田丸三郎(西島)らが所属する特捜班が様々な葛藤を抱えながら、謎のテロリスト集団“平成維新軍”をはじめとした規格外の敵に立ち向かっていく姿が描かれる。

第6話では、11年前に起きた地下鉄無差別爆破テロの容疑者・里見(山口馬木也)が、都内の防犯カメラに映り込んだ姿を発見され、テロを防ぐために特捜班が行方を追うことになる。そんな中、稲見は11年間にもわたり里見が完璧に姿を隠していたことを不審に思い、田丸は、事件当時所属していた公安部で流れた“ある噂”を口にする……。という物語が展開される。

今回注目なのは、これまでに放送されたシリーズの中で最も激しいというアクションシーン。稲見と田丸が里見を追っていくと、5人の敵とホームセンター内で壮絶な大乱闘が勃発。稲見の「出たとこ勝負で行きましょうよ」という言葉に対して、田丸は不敵な笑みを浮かべながら「行くか」と答え、5人の敵に向かっていく。撮影はホームセンターを貸し切って行われ、様々な物が散乱し、棚や荷台が倒れる中でド派手な格闘アクションを披露。1分半に及ぶ息つく間もない高速バトルシーンは必見だ。

また、好評を博している公式Twitter(@crisis_ktv)での質問企画を今回も実施。第5話では、小栗と西島がにらみ合うシーンに質問が集中し、監督が「思わずカットをかけるのをためらうほどの緊張感だった」と撮影現場の様子を明かすなどして盛り上がった。質問は第6話に関することで、放送終了後から22時30分までハッシュタグ「#ドラマCRISISに質問」で受け付け、その中から選ばれた質問に対して、原案・脚本の金城一紀や監督・プロデューサーなどのスタッフが答えていく。