ブルゾンちえみ、町田啓太に恋するヒロイン役に「バレバレってところが憎めない」

桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみが演じる女子力ゼロの研究員たちが、女子力アップに奮闘する姿を描いたドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系列、毎週木曜22:00~)。5月11日放送の第5話から、ブルゾン演じる佐藤聖良の恋愛模様が描かれることがわかった。

聖良が想いを抱く相手は、町田啓太が演じる会社の研究員仲間・丸尾拓馬。第5話から聖良の丸尾への片想いが始まり、第6話では、丸尾への想いが加速。その第6話の演出を『東京ラブストーリー』、『ロングバケーション』、『ブザー・ビート』などの数々の名作ラブストーリーを手がけてきた永山耕三監督が担当するとあって、どのような演技を引き出していくのかにも期待が掛かる。

これまで恋をする演技をしたことが一度もなかったというブルゾンは「ほんと、とにかく、“私はあの人が好きだ! 好きなんだ!”と頭の中で言い聞かせました(笑)」と語り、「好きになったのをバレないようにしているんですが、バレバレってところが憎めない感じに演技が出来ていたらいいなあ~~! と思ってやりました!」と撮影を振り返っている。

永山監督は女優・ブルゾンについて「とてもピュアで透明感のある女優です。彼女のかわいさに多くの女性が共感すると思います」と印象を語っている。