「セフレにしてください!」仰天発言に至った千尋の心境は…『恋ヘタ』第6話

公開: 更新:

高梨臨が主演を務めるドラマ『恋がヘタでも生きてます』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)。5月11日放送の第6話では、土村芳演じる榎田千尋の口から衝撃の発言が飛び出す。

同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公のスマホゲーム会社に勤めるキャリアウーマン・茅ヶ崎美沙(高梨)をはじめ、NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・雄島佳介(田中圭)、美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・千尋(土村)、美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)といった恋に不器用な登場人物たちが、ドタバタな恋愛劇を繰り広げる。

初デートの後、ついに佳介と結ばれ喜ぶ美沙。だが、いざ付き合ったらどうしていいかわからない上に、自分の誕生日が近づくにつれて祝ってもらえるのか、どんどん不安が募っていく。そんな中、元カレの黒川(小西遼生)に誘われて、迷いながらも会うことにした美沙。すると、黒川に突然キスをされてしまい……。

一方、婚約者の仁(長田成哉)に浮気された千尋は、「彼氏を浮気相手から取り戻すレッスン」として司と体の関係を持つことになったが、その翌日、自宅で裸の司と美沙が鉢合わせてしまう。パニックに陥った美沙に問いただされ、千尋が「セックスを教えてもらってたの」と答えると、納得のいかない美沙は「意味不明なんですけど。好きでもない男に裸見せて、抱き合って、しかもアイツと」と矢継ぎ早にまくし立て、大喧嘩に発展してしまう。

その後、仁への罪悪感にかられながらも千尋は、ウエディングドレスの試着をするために結婚式場へ。しかし、徐々に司に惹かれ始めていることに気づき、仁に別れを告げる。そして、司に「どうしても会って伝えたかったので。終わりにしてきました。彼との結婚。中途半端な自分も。一歩踏み出せたのは橋本さんのおかげです」と告げ、「もう自分の気持ちに嘘をつきたくないんです。だから、私をセフレにしてください!」と仰天のお願いをすることに……。果たして、苦悩しながらも乗り越えようとしていく恋ヘタ男女たちの恋の行方は!?

PICK UP