SKE48白井琴望「パンダの可愛がり方が怖すぎる」と反省

公開: 更新:

SKE48の白井琴望が、4月29日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演。「ファンからもらった大切なパンダのぬいぐるみの可愛がり方が怖すぎること」を反省する。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム、HKT48の指原莉乃、友近。

2002年12月1日生まれで、現役中学生の白井。2015年7月に劇場デビューを果たし、11月には正規メンバーに昇格。2017年には「SHOWROOM」で15時間連続配信を2週連続で行うなど、注目を集めているメンバーだ。

今回は、そんな白井が「パンダのぬいぐるみの可愛がり方」について反省する。これまでにも「SHOWROOM」で、「ジャグジー風呂」「踏みつけて洗う」「真上から潰す」「乾燥機に大量のパンダを詰め込む」など、独特な可愛がり方を披露してきた。スタジオでその様子が紹介されると、一同は驚愕する。また、圧縮袋に入れてぬいぐるみを保存していることも明らかになる。そして、この日が初対面となる先輩、指原とトークする一幕も。

もう1人の反省人は、ロックバンド・FLOWのギター、TAKE。「登山が趣味で、キレイな景色の写真をSNSにアップするのだが、顔がうるさすぎて景色を台無しにしていること」を反省する。

PICK UP