『アウトレイジ 最終章』追加キャストに大森南朋、大杉漣、池内博之ら

公開: 更新:

北野武監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』の公開日が10月7日(土)に決定。さらに、追加キャストとして大森南朋ピエール瀧岸部一徳大杉漣原田泰造池内博之が出演することも発表された。

『アウトレイジ』シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した。

最新作では、関東「山王会」と関西「花菱会」の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳る「フィクサー」の張会長の下にいた。そこに、韓国出張中だった花菱会の花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、フィクサーと花菱会が一触即発の様相を呈する中、花菱会では内紛が勃発。そんな中、大友が日本に戻ってくる……。

その中で大森は、大友を慕う韓国・済州島グループの市川役。ピエールは、花菱会の花田役。岸部は、花菱会の若頭補佐・森島役。大杉は、花菱会の新会長・野村役。原田は、花田の手下・丸山役。池内は、山王会木村組の吉岡役を演じる。

さらに今回、特報映像も解禁に。胸に一物ありそうな面構えをしたキャスト陣の暴走ぶりを予感させる一瞬が映し出され、“全員悪人”という壮大な宇宙に放たれた巨大な弾丸に次々と名前がクレジット。また、大友がクールに銃を放つシーンもあり、特報30秒の間に既に3発発砲。特報の最後には「大友さん、これで最後ですよね」と聞かれ、大友が「済んだと思うなよ」と裏切りの連続を示唆するセリフを放っている。そして、「終結パート」を意味する音楽記号「コーダ」マークの入ったタイトルロゴで締めくくられている。