「4年間もマグロ」「彼とは体だけ」過激な恋愛ドラマがスタート『恋ヘタ』第1話

高梨臨が主演を務める、読売テレビ・日本テレビ系のドラマ『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜23:59~)が4月6日よりスタート。第1話では、主人公の茅ヶ崎美沙と、天才営業マン雄島佳介(田中圭)の出会いが描かれる。

同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。

主人公は、新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの美沙(高梨)。会社の経営トップに立つことを目指す一方で、恋は最長2か月しか続いたことがなく、「恋より仕事」と突っ張って生きている。そんな美沙だけでなく、登場人物全員が恋に不器用。NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・佳介(田中)は、仕事も恋愛もパーフェクトに見えるが、強引な恋のアプローチの裏には実は乗り越えられない過去が……。美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋(土村芳)は、婚約するが衝撃的な理由で浮気されてしまう。美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)は、女は体の関係だけでOKと割り切って生きている。個性的なキャラクターが集まり、どんな物語が展開されていくのか。

第1話で、突然現れた佳介に念願だった社長の座を奪われてしまった美沙。一方、同居している親友の千尋は、4年付き合っていた彼氏からプロポーズされ、憧れだった“結婚”と“奥さん”が目前に見えてくる。しかし、その直後、後輩の理佳子と彼氏の浮気を目撃してしまう。すると、理佳子は「あたし謝りませんよ。彼とは体だけだから安心してください」「先輩ってマグロなんですね。4年間もつまんないSEXしてたら、そりゃ浮気されてもしょうがない」と悪びれる様子も無く切り出す。

そんな中、休日出勤をしていた美沙のもとに、佳介が近づいてきて昇進のチャンスを奪ってしまったことを謝る。美沙は「そんなこと、どうでもいいです」と去って行こうとするが、佳介は「僕は君と真剣に付き合いたい」「これから知っていけばいい」と顔を近づける。美沙が「ちょっと! ここ会社!」と慌てて押し返していると、携帯に電話が入り……。

PICK UP