パンクブーブー佐藤×ナイツ、コラボネタに自信「100%やる」

昨年9月にフジテレビで放送され好評だった、お笑い芸人が他のお笑い芸人にネタを提供する異色のお笑い企画の第2弾『オワライターズ♯2』が、4月5日(水)24時25分から放送。今回コラボレーションする「オワライターズ×芸人」の5組が、ネタ披露を終えた感想を語った。

番組タイトルの“オワライターズ”とは“お笑い”と“ライター”を組み合わせた造語。ライターたちはプレイヤーとなる芸人たちからネタの発注を受け、様々な要望を聞き、何度も打ち合わせを繰り返し、台本を完成させていく。一方のプレイヤーは提供されたネタの稽古を積み重ね、しっかりと仕上げた後、番組のステージで披露する。

「NON STYLE・石田明×三四郎」のコラボでは、三四郎(小宮浩信、相田周二)が「マニアックなワードを使わず老若男女に受ける正統派漫才」「小宮の活舌の悪さが気にならないようサ行・ハ行・ラ行を封印したネタ」という課題を提示。それに対して石田は「準備が約1月半って相当短い」と企画の難しさについて言及した。

そんな中、石田はテンポ感がウリで滑舌の良いNONSTYLEとは違い、三四郎は滑舌に難があったため“言えない言葉”のリサーチからスタート。「打合せをした時の2人の感じが面白かったので、そのまま作っちゃおうと思った」とネタ作りを振り返った。一方、出来上がったネタについて小宮は「コントの漫才なのかなと思いきや、僕らのキャラを活かしてくれて、作ってもらえたのが良かった」と喜んだ。

パンクブーブー・佐藤哲夫は、銀シャリ(鰻和弘、橋本直)とナイツ(塙宣之、土屋伸之)の2組にネタを提供。銀シャリの「自分たちがやりそうでやらなかったネタを書いて欲しい」というテーマに対しては、打ち合わせの結果、漫才ではなくコントを作ることに。これまでネタの中で誰かを演じたことがなかったという橋本は「演じ方がめちゃ下手だった。勉強になりました!」とコラボネタを振り返った。

一方、ナイツとのコラボについて佐藤は「普段から交流があったので結構すんなり。書いてみた感触は結構いいと思う」と手応え。塙は「いつもの漫才と逆。僕らは途中から分からせるけど、今回のネタは最初から“例える”と言ってしまっているから、怖くなった。でも勉強になった」と新境地へ踏み込んだことを明かし、土屋も「いいネタできました。今年の独演会で100%やるでしょう」と自信を示した。

プライベートでも仲の良い先輩後輩関係だというシソンヌ・じろうとコロコロチキチキペッパーズ(西野創人、ナダル)は「キャラに頼らないストーリーで笑いを取る小説のようなネタ」というテーマに挑戦。じろうは「音楽に頼らないストーリーにしたかった」と語り、「自分たちとは毛色が違う後輩で、ワクワクしました。(ナダルが)見たことないくらい不安な顔していたけど、お客さんが入ったら、スイッチ入りましたね」とネタ披露の様子を分析。ネタを終えたナダルは「やったことない事なので。コメディっぽい動きはチャップリンをイメージした」と明かし、西野も「だいぶ緊張しました、こんな事ないので!」と新たな挑戦を振り返った。

そして、かもめんたる・岩崎う大は、ジャングルポケット(おたけ、太田博久、斉藤慎二)のライブに何回も足を運び「3人の個性を活かすコント」を研究。う大は「キングオブコントのライバルにネタを書くって気まずかった。でも人気芸人が自分のネタをやってくれるってすごいエクスタシーを感じる」とこの企画の面白さを語った。一方、太田は「自分たちからは絶対に生まれることのない世界観をやらせてもらえた。1人ひとりのキャラを演出してもらえてよかった。特におたけは、水を得た魚のようだった」と振り返り、斉藤は「目の前でチャンピオン4人に見られているのは、緊張しました。やりにくかったです!」とネタ披露の感想を語った。

PICK UP