栗山千明、漫画家役に恐縮も腐女子の神髄を知り「禁断の扉を開けた」

栗山千明主演のスペシャルドラマ『でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~』が、カンテレ・フジテレビ系列で4月4日(火)22時から放送。腐女子のBL漫画家役に挑戦した栗山が作品への思いを語った。

本作は、栗山演じる恋愛偏差値ゼロの34歳BL(ボーイズラブ)漫画家・藤田ハルコが、結婚を目指して婚活をスタート。しかし、様々な男性と出会うものの、BLへの愛をカミングアウトすることが出来ず、恋の足かせに……。

異性には言いづらいBLを、単なる趣味ではなく職業として選んだハルコは、BL好きの本当の自分を認めてくれる運命の相手と出会うことができるのか? こじらせ腐女子の婚活ラブコメディードラマとなっている。

漫画やアニメ好きで知られる栗山が今回演じるのは漫画家。現在、パソコンなどを使ったデジタルペイントが主流になりつつあるが、今回は人々がイメージする漫画家像を追求。漫画好きとして知られる栗山だけに、漫画家を演じることについて「恐れ多い」と恐縮しながらも、役作りのためにペン入れなどを練習し「私が思い描いている漫画家さんの作業を実際に教えて頂けて、漫画好きとしても嬉しかったです。皆さんに愛着を持って頂けるキャラクターにできれば」と笑顔を見せた。

一方、BL作品や腐女子についてのイメージを聞くと、近年多くあるBL要素の入った作品を読んだことはあるものの、それに特化した作品は読んだことがなかったという。以前、秋葉原に通っていた際に、池袋にあるBLの聖地・乙女ロードの存在を知り、足を運んだことはあるものの、その時は「こんな事まで描かれているんだ!」という驚きはあったが、深く踏み込むことはなかったという。

しかし今回、栗山はドラマのために腐女子文化を知ることに。「禁断の扉を開けた感じがする」と語り、BL漫画について「恋愛の心暖まるようなストーリー展開や、心通わせるような描写など、普通のラブストーリーと同じ、変わらないものなのだなって頭では理解できました」と語り、「BL漫画家さんがテーマですが、お仕事を頑張ってきた女性はプライベートや恋愛がおろそかになりがち。自分に置き換えると当てはまる方がいると思う」と、エッジの効いたテーマの中にある普遍性をアピールした。

最後に、自身の結婚観の話題になると「結婚というものに焦ったりしたことはないのですが、ハルコは、身体の不調など色々なことが重なって、このまま1人で良いのかと考えるきっかけがありました。今のところ私にはそれが訪れていないので、私もいつかそういう事を考えるのかもしれない」とコメント。「ハルコを通して、ちょっと変わった形で一歩踏み出す勇気を体験できる、笑えて、ちょっとホロッとくる作品になっていると思います」とアピールした。

PICK UP