佐々木希、窪田正孝に「この前髪直毛野郎!」映画『ラストコップ』本予告が解禁

公開:

唐沢寿明窪田正孝がバディを組み、話題を集めた日本テレビ系の連続ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』を映画化した『ラストコップ THE MOVIE』(5月3日公開)の本予告映像が解禁。主題歌に決定したBLUE ENCOUNTの書き下ろし楽曲「さよなら」がお披露目された。

同作は、2015年6月にSPドラマとして地上波で放送され、その後、動画配信サービス「Hulu」にて6週連続で配信された。また、2016年10月クールには連続ドラマ化され、最終話では一部生放送が行われるなどした話題作。30年前に、捜査中の爆発事故で昏睡状態になったものの、ある日、奇跡的に目覚めた熱血刑事・京極浩介。タイムスリップ状態の彼は、スマホもシャワートイレもコンプライアンスもない時代からやってきた熱血刑事。まるで浦島太郎な京極とバディを組むのは、“ザ・草食系男子”の望月亮太(窪田)。昭和と平成、時を超えてバディとなった2人は絶妙なボケ&ツッコミを繰り返しながらも、数々の事件を解決していく。

本予告映像では、横浜中央署に導入された最新鋭の人工知能が引き起こす「人類滅亡の危機」という未だかつてない大事件に、京極と亮太の命知らずな“最凶”凸凹コンビがまたしても果敢に挑む様子が映し出される。「愛する家族と、この街を守ってみせる!」と、これまで人間離れした不死身パワーで幾多のピンチを乗り切ってきた京極の力強いセリフと共に、さらにパワーアップしたド派手なアクションシーンが描かれる。また、キスを迫る亮太に、京極の娘で亮太の恋人・結衣(佐々木希)は「黙ってろ! この前髪直毛野郎!」と突如罵るシーンも。亮太のキメ台詞(?)である、「はやく帰りてぇ~なぁ!」も披露され、ドラマに劣らないハチャメチャなギャグシーンの連続を予感させる。

しかし、後半に入ると突然路上で胸を押さえ吐血する京極の姿も。さらに「さらば、京極―」という不穏なテロップが映し出される。自らの死を覚悟しながらも、「最後まで目に焼き付けてほしい」と語る京極の生きざまに、唯一無二のバディである亮太は、これまで京極に教わった全てを持って答えようと奔走するが……。最後に、亮太が流す一筋の涙の意味とは!?

激しいテンポでエネルギッシュな曲調のドラマ版主題歌「LAST HERO」とは打って変わって、バラード調の切なくも優しいメロディにのせた映画版主題歌「さよなら」は、まさにBLUE ENCOUNTの新境地。「Hulu」での配信、地上波ドラマ、そして映画で大団円を迎える『ラストコップ』の最後にふさわしい仕上がりとなっている。