チェルノブイリの危機も現在進行形!福島第一原発の最新状況とともに伝える

公開: 更新:

最先端の科学と技術を紹介するテレビ番組『サイエンスZERO』(Eテレ、毎週日曜23:30)。3月12日は「最新報告 チェルノブイリと福島 ~廃炉編~」と題して、ゲストに福井大学の柳原敏 教授を招き放送する。

4月、チェルノブイリ原発事故から丸30年が経過する。現在のウクライナで起こったこの出来事は“過去の事故”と思われがちだが、その危機は現在進行形だ。いまも放射線量が高い原子炉を覆う巨大ドームが、去年完成。廃炉への道は始まったばかりだ。そしてチェルノブイリ原発のいまを見つめることは、今後の福島第一原発を考える上で貴重な教訓となる。チェルノブイリと福島の最新状況を、国際共同制作で2週にわたって伝える。