闘莉王“いくつものオファーがあった”京都サンガ加入の真相を告白

公開:

サッカー日本代表としてワールドカップに出場し、現在、J2の京都サンガで活躍している田中マルクス闘莉王が、3月12日(日)あさ6時30分からカンテレで放送される『イキザマJAPAN』にゲスト出演。MCの小籔千豊に日本代表や京都サンガに対する思いを語る。

この番組は、独自の“斬り口”で旬なアスリートに迫り、アスリートの“イキザマ”を描き出し、勝負の裏側や知られざるドラマを新発見していくスポーツ番組。

今シーズンからJ2の京都サンガに加入した闘莉王。いくつものオファーがあったというが、なぜ京都を選んだのか、その真相を語る。そして、闘将として名を馳せる闘莉王の意外なリーダー論についても告白。ただ怒るのではなく、選手の個性を把握したうえで適切な怒り方を意識しているという。一方、京都サンガで若手選手と接するうえでの切実な悩みを小籔に相談する。

さらに、今月23日にワールドカップ最終予選を再開する日本代表へ「代表は若手選手などを育てる場所ではない」と厳しいエールも飛び出す。