菜々緒、木村文乃の親友に「悪女じゃない役が楽しみ」亀梨和也主演『ボク運』出演決定

亀梨和也が主演、ヒロインを木村文乃が務め、山下智久が共演する4月クールの連続ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の追加キャストが発表され、菜々緒澤部佑(ハライチ)、渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)、杉本哲太石野真子大倉孝二田辺誠一が出演することが明らかになった。

同ドラマは、「運命」という言葉をテーマに、王道のラブコメディが展開される。29歳の主人公・正木誠(亀梨)の前に、ある日、謎の男(山下)が現れてささやいた。「君はまだ気づいてないけれど壁一枚隔てた隣のオフィスに、絶対に恋に落ちなくてはいけない女性が働いている。そう、彼女こそが君の“運命の人”だ」と。「そんな夢みたいな怪しげな言葉、信じられるわけ……」と思いつつも信じてみることにした誠。そして、同い年の運命の人・湖月晴子(木村)に思い切って、「驚かないで聞いて下さい。アナタはボクの運命の人らしいんです」と告白。「……は?」とわけのわからずにいる晴子に、誠が盛大にフラれるところから恋が始まる。

菜々緒が演じるのは、晴子と同じ会社で働く親友の四谷三恵。晴子と真逆の自由奔放な性格で、彼女の恋に大きな役割を果たすという役どころだ。菜々緒は「豪華なキャストの皆さん、スタッフの皆さんと共にこの作品に携われること、悪女じゃない今回の四谷三恵を演じることをすごく楽しみにしています!」とコメント。これまで悪女役でインパクトを残してきた菜々緒が、どんな演技を見せるのか、早くも注目が集まりそうだ。

また、誠の会社の同期で、誠の異動によって4月から同じ勤務地で業務をすることになる男・葛城和生役に澤部。晴子と三恵の会社を取り仕切る女上司で、完全に行き遅れてしまった未婚女性・鳩崎すみれ役に渡辺。少々抜けた所があり、一言多い性格をしているが憎めない晴子の父・湖月大地役に杉本。大地とは違い、晴子と同じくズバズバと言いたいことを言う母・湖月善江役に石野。誠が配属されることとなるウォーターサーバーの営業所の上司・関原卓役に大倉。誠の会社の部長・烏田翔吉役に田辺が決定した。

今回のキャスティングについて、福井雄太プロデューサーは「“土曜の夜”が待ち遠しくなる、楽しい夜だ! と思っていただけるような作品を作っていこうという中で、どの時間、どの瞬間を切り取っても見てくださる方々がワクワクするようなシーンをお送りするキャスティングが実現できたと思っています」と自信を覗かせ、「大人の人も笑って楽しめる上質なコメディと、そして家族で見ていても皆で会話が広がるようなドラマになると思います。最後には皆さんが少し夢を見れてしまうような物語にもなっていますので、ぜひご期待ください!」と語った。

PICK UP