アキラ100%「おぼんだけは死守」パーティ感覚の笑いでR-1頂点へ

公開:

カンテレ・フジテレビ系列で2月28日(火)19時から生放送されるひとり芸No.1決定戦『R-1ぐらんぷり2017』の決勝戦に進出したアキラ100%にインタビュー。決勝までの道のりや、決勝への思いなどを語っていただいた。

<決勝トーナメント>
A組(レイザーラモンRG、横澤夏子、三浦マイルド、復活ステージ3位)
B組(ゆりやんレトリィバァ、石出奈々子、ルシファー吉岡、復活ステージ2位)
C組(ブルゾンちえみ、マツモトクラブ、アキラ100%、復活ステージ1位)

<インタビュー>

――決勝進出おめでとうございます!

本当にアドレナリンが出ました。裸のネタで一昨年やって、去年もダメで、3度目の正直でした。僕の場合、ウケるウケないもありますが、テレビ的にどうかっていうのは芸人の間でも言われていましたので、めちゃくちゃ嬉しいです!

――今回、これまでと何が違ったのでしょうか?

一昨年は、ガキの使いの山1グランプリのコントをやって、去年は刑事コントをやって、今年はパッケージを変えました。アメリカのショーみたいにお客さんに語り掛けていくようなスタイルがあるじゃないですか? それに近いものをイメージして、フリップを使いながらパーティ感がある、皆さんと楽しんでもらえるようなネタを作ってみました。それでお客さんとの距離が近づいたのかなと思います。

――準決勝の手応えはかなりあったのですか?

曲を使ったネタをやっているのですが、実のところ、ネタの関係でお客さんの反応が僕の所まであまり伝わってこなくてよくわかりませんでした。でも、いつも音響をやってくれている人が「良かったと思う」と言ってくれていたので、それを信じて発表まで待っていました。

――テレビ用のネタを作るのに難しかったことはありますか?

おぼんネタをやるまでは、普通のピンのコントやコンビでやっていたので、あまりバカみたいなネタはやっていなかったんです。でも上手くいかなくて、このおぼんネタをやり始めたら、意外と色々なことができるとわかり、流行りのものを取り入れて裸でやったらどうなるかとかアイデアが湧いてきて。今は3年もやっているので、生み出すのは苦しかったですが、楽しかったですね。

――決勝はもちろんおぼんで登場されますか?

僕が服を着たら攻撃力がゼロになってしまいますから。でも、これを持つと防御力はゼロですけどね(笑)。身軽にしてやり切りたいです。

――こんなことを言ってはいけないのですが“事故”にも期待してしまいますが(笑)

あははは(笑)。僕のせいでこの素晴らしい大会を終わらせるわけにはいかないですからね。これまでは生放送だと15秒くらいの短いネタはやったことがありますが、フルの3分ネタをこの大きな舞台でやることになるので、今回はいつもよりおぼんを重く感じてガッチガチになってしまうかもしれないです。僕が何かしたら全芸人から袋叩きにされてしまいますから、それだけは死守します(笑)

――アキラ100%さんのネタって外国の方でも笑えるネタですのでお茶の間も多いに笑って欲しいですね。

以前、丸腰刑事というコントを海外でやったらめちゃくちゃ笑ってくれて。その空気をR-1でも再現できたら良いですよね。誰も傷つけない、あいつバカだなって笑えるネタをパーティ感覚で楽しんでいただきたいです!