石出奈々子、ジブリの“ヒロイン風”から本物のヒロインへ

カンテレ・フジテレビ系列で2月28日(火)19時から生放送されるひとり芸No.1決定戦『R-1ぐらんぷり2017』の決勝戦に進出した石出奈々子にインタビュー。決勝までの道のりや、決勝への思いなどを語っていただいた。

<決勝トーナメント>
A組(レイザーラモンRG、横澤夏子、三浦マイルド、復活ステージ3位)
B組(ゆりやんレトリィバァ、石出奈々子、ルシファー吉岡、復活ステージ2位)
C組(ブルゾンちえみ、マツモトクラブ、アキラ100%、復活ステージ1位)

<インタビュー>
――決勝進出おめでとうございます!

ありがとうございます。本当に嬉しいです。準決勝の出番が3番目だったので忘れられちゃったんじゃないかと不安もありましたし、そんなにたくさん女性が決勝に行けるとは思わなかったので、進出が決まった時は本当に頭が真っ白になりました。

――事務所の芸人として初めての決勝進出とのことですが?

そうなんです。どぶろっくの森さんと普段から仲良くしてもらっていて、今回ピンで出場されていたのですが、準々決勝までいかれていたので「森さんの屍を超えて決勝に行かせていただきました(笑)」と伝えたら「死んだ甲斐があるよ(笑)」と言ってくれました(笑)

――B組についてはどう思いますか?

8番目を引いてしまったので、残り2つしかなかったんです。最初にやるゆりやんさんはキャラクターが強いので、私の世界観をしっかり作っていきたいと思っています。

――この大会に向けてネタ作りは順調でしたか?

本当に毎日毎日ライブに出て、そのライブにピン芸人さんたちも来てくれて「あそこは良いね」「あそこは変えた方が良いんじゃない?」とかいろいろとアドバイスを受けて、自分の中で良いと思うボケだけを残して“ベストアルバム”を作るつもりでやりました。

――“ベストアルバム”はどのようなことを考えて作ったのでしょうか?

あくまでヒロイン“風”ということを重視して作っています。ジブリが大好きで何回も何回も見て、ジブリのヒロインに本当になりたいと思って作っていたら、これが現実にいたら面白いなって。あの世界観の魅力的なヒロインが、現実に飛び出して来たらどんなに愛すべき存在で面白いんだろうって。現実世界に来た時のミスマッチを上手く表現できたら楽しんでいただけると思います。

――好きなジブリのヒロインは誰ですか?

「魔女の宅急便」のキキちゃんの元気いっぱいで、失敗しても前向きに頑張っていく姿が大好きなんです。芸人はよく砕けるのですが彼女みたいに「信じていればきっと上手くいくわ!」と思ってやってきたので、その無邪気でハッピーなネタを見て、皆さんに笑っていただきたいです。

――最後に決勝への意気込みをお願いします。

ジブリのヒロインのように明るく前向きに、ちょっと失敗してもめげずに、信じていればきっとステキなことがあると信じて頑張りたいと思います!

PICK UP