横澤夏子「幸せになれる自己満足」みんなの力を集結してR-1決勝へ

公開: 更新:

カンテレ・フジテレビ系列で2月28日(火)19時から生放送されるひとり芸No.1決定戦『R-1ぐらんぷり2017』の決勝戦に進出した横澤夏子にインタビュー。決勝までの道のりや、決勝への思いなどを語っていただいた。

<決勝トーナメント>
A組(レイザーラモンRG、横澤夏子、三浦マイルド、復活ステージ3位)
B組(ゆりやんレトリィバァ、石出奈々子、ルシファー吉岡、復活ステージ2位)
C組(ブルゾンちえみ、マツモトクラブ、アキラ100%、復活ステージ1位)

<インタビュー>

――決勝進出おめでとうございます!

どうしても決勝進出しなきゃいけないと思っていてスタートラインに立つことが出来ました。エントリーフィーの2000円が返ってきてよかったです(笑)

――2年連続の決勝ですが、去年の経験は大きかったですか?

去年はハリウッドザコシショウにコテンパンにされましたからね。皆でザコシショウおめでとうという雰囲気だったのですが、やっぱりどこか悔しくて……。今度こそ優勝してステップアップしたいと思って、R-1に向けてライブもたくさんやってきました。

――今回はA組を選ばれましたが?

前回はB組で、待っていたらすごく緊張すると学びました。あとはおじさん2人に絶対に勝ちたい。若気の至りの女の子がどこまで行けるか楽しみです(笑)

――去年はザコシショウさんがすごい空気を作りましたが、今年もレイザーラモンRGさんが1発目に登場しますが?

そうなんですよ。レイザーラモンRGさんが何をするかわからないし、三浦マイルドさんは優勝した時に、賞金で海鮮丼をおごってもらっているんですよ。だけど、私は若さという武器を使って、なんとかおじさんには出来ないことをしたいです(笑)

――今回、ネタ作りは順調でしたか?

4か所で単独ライブをしたことで、新ネタをやって終わりではなく、地方によってウケるウケないがわかり、どんどん作り込むことが出来たので自信になりました。また、“○○の女”というテーマでアンケートトークを行って、ネタを作ったのですが、自分で考えなくても皆さんが考えてくれる(笑) ツイッターとかでも「こういうのをやってください」と言われて、みんなで作り上げていった感じもしています。優勝したら賞金をばら撒かなくちゃいけないですね(笑) 本当にありがたいですし、嬉しいです。

――そうして作り上げたネタで挑まれた準決勝の手ごたえはいかがですか?

私がなりたい憧れの女性をやって、私が幸せになれる自己満足なんですが、皆さんがついてきてくれて嬉しかったです。

――冠番組でやりたいことは何ですか?

いろんな職業の女性のところに行って「○○な女」というのを最低でも10個20個作るみたいなことをやりたいです。女子アナの世界とか面白そうですよね。OLとして働く側面があったり、テレビ番組に出て食レポをしたり、色々な顔があると思うのです。仕事が終わってからどこに行くのか、乗り物は何を乗るのか、どこまで変装するのだろうとか……。ポロッと出る一言からネタが出来そうですよね。そのままレギュラー番組化してネタを増やしていって、横澤夏子しか出ない2時間ドラマを作りたいです(笑)

――決勝に向けて意気込みをお願いいたします。

R-1は、自分で作り上げたネタをそのまま出来るご褒美番組だと思っているんです。幸せな人ほど面白い人はいないと思ってネタを作ってきたので、私からあふれる自己満をぜひ見ていただきたいです。