神戸が「ハイカラ」な理由にタモリが迫る

公開:

2月25日の『ブラタモリ』(NHK総合、毎週土曜19:30)は、先週に引き続き、神戸の街を散策する。神戸は、開港150年目を迎えた兵庫県の神戸港は日本を代表する港。今回は「ハイカラ」の秘密に迫る。

ほかの港町にはない独特の風情があり、全国から観光客がやってくる神戸。数ある港町の中で、どうして神戸はとびきり「ハイカラ」なのか?

まずは神戸を代表する観光名所、風見鶏の館へ向かったタモリ。普段は非公開の部屋で発見した、明治時代の神戸の姿とは? そしていまはオフィス街となっている「旧居留地」へ。街角で見つかる“謎の番号”が語る、神戸開港時の知られざるエピソードとは? そして、かつての一大歓楽地へ向かったタモリ。商店街の奥に突然目の前にあらわれた巨大な段差の正体は、天井より高いところを流れる川のあとだった!? この段差と謎のトンネルが神戸発展の切り札に……。さらに、とある和菓子屋では、伝統のお菓子作りにも挑戦する。