横綱・稀勢の里の初土俵入りをVR生配信決定『日本大相撲トーナメント』

フジテレビは、2月5日(日)に両国国技館で開催される『日本大相撲トーナメント 第四十一回大会』の「幕内トーナメント戦」の生中継に加え、「日本大相撲トーナメント」公式サイトでVR生配信すると発表した。

「日本大相撲トーナメント」は、毎年2月上旬の日曜日に開催され、幕内戦や十両戦のトーナメント戦、相撲普及講座などで構成。最も注目される幕内トーナメント戦は、初場所の番付により決定した幕内力士が対戦する。今大会は、日本出身力士として19年ぶりに昇進を果たした横綱・稀勢の里が、横綱として初めての土俵入り、そして初取り組みになることでも注目を集めている。

VR生配信は11時30分から16時まで行われ、「幕内の土俵入り」から「幕内トーナメント」の一部や巴戦(3力士の中の1人が、他の2人に続けて勝利すると優勝が決まる戦い)で優勝者を決定する「十両トーナメント戦」、「相撲普及講座」として人気関取が子ども相手に稽古をつける「ちびっこ相撲」、通常の取り組みではなかなか見ることのできない相撲の珍しい技を実演する「初切(しょっきり)」(内容変更の場合あり)などを配信。その後、フジテレビ系列地上波で、16時05分から17時20分まで「幕内トーナメント戦」を生中継する。

視聴環境は、PC(Chrome / Opera / Firefox / Internet Explorer)、Mac(Chrome)、スマートフォン・タブレットはiOS / Androidに対応。YouTubeのアプリ経由で視聴することが可能で、VRゴーグルにも対応する予定だ。VR映像制作・配信は、ソニーデジタルネットワークアプリケーションズの技術協力を得て実現。VRカメラは、タマリ席1台と東西花道に1台ずつ計3台設置され、取り組みを勝負審判に近い視点から観戦しているかのような臨場感で見ることができるとしている。

PICK UP