堤真一、自身の「コピーロボット」を要望『左江内氏』第4話

堤真一が主演を務める連続ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~)。2月4日放送の第4話では、堤演じる左江内が2つの案件に板挟みとなり、困惑する姿が描かれる。

原作は、藤子・F・不二雄による大人ヒーロー物語「中年スーパーマン左江内氏」。福田雄一が監督を務めるドラマでは、平凡な妻子あるサラリーマンで中間管理職の主人公・左江内が、謎の老人(笹野高史)からスーパースーツをむりやり譲り受けたことによって、しぶしぶ世界の平和を守ることになる姿が描かれる。鬼嫁・円子(小泉今日子)と、娘・はね子、息子・もや夫(横山歩)に翻弄されながらも、世界平和のために奔走する左江内の姿は必見だ。

第4話では、左江内が簑島(高橋克実)から、新しく建設されるレジャーランドのホテルの受注競合プレゼンを任される。ただし、クライアントにプレゼンする期日は2日後。元々は池杉(賀来賢人)の担当案件だったものの、左江内は負けて当然のプレゼンを押し付けられてしまったのだ。困惑しつつも、蒲田(早見あかり)ら部下におだてられて、やる気になる左江内。彼は、少ない時間の中で各部署を駆け回り、プレゼンの準備を進める。

そんな中、左江内は円子から「もや夫の遠足に付き添ってほしい」と頼まれる。本当は円子が行くはずだったが、ママ友とケンカしてしまい、どうしても行きたくないのだという。しかし、遠足は、プレゼン当日。左江内は断ろうとするが、「こっちも無理!」と円子は聞き入れてくれない。困り果てた左江内は、老人に「鼻を押すと、私と同じ人間ができ上がるコピーロボットはない?」と尋ねるが、老人は「色々な問題で無理」と断る。果たして、左江内は仕事と遠足、2つの案件をどう切り抜けるのか!?

PICK UP