ネプチューンと鬼才・前田司郎が時代劇コメディー『小田信夫』でタッグ

公開:

ネプチューンと向田邦子賞・岸田戯曲賞作家の鬼才・前田司郎がタッグを組んだ空想大河ドラマ『小田信夫』が、2月4日(土)23時35分よりNHK総合にてスタートすることがわかった。16日、渋谷の同局にて、完成試写会が行われ、ネプチューンの堀内健、原田泰造、名倉潤、脚本を手掛ける前田氏が出席した。

同作品は、奇妙な会話が生み出す今まで味わったことのない脱力エピソードの数々を、本格的な時代劇の装いで描く、新感覚シチュエーション・コメディーだ。舞台は戦国時代の架空の小大名、小田家。当主は小田信夫。同時代の英雄で似た名前の織田信長を意識しつつ、こじんまりと生きている。天下統一を口にしたりもするが、あくまで口だけ。わきを固める重臣も柴田勝夫に明智充とどこかで聞いたことのあるような名前だが、本物の迫力はかけらもない……。

当主・小田信夫役で出演する堀内は、「NHKで、こういうドラマに出るの夢だったのでうれしいですね。記者の皆さんは、最初は(背もたれに)寄っかかって見ていたけど、途中から前かがみになって、最後のほうには鼻をすする声とかも聞こえたりして(笑)。最後には絶対小田信夫ロスになると思う」と笑いを誘った。さらに、「続編をやってみたいですね。『小田信夫』の続編もいいんですけど、今度は前田さんとかNHKさんに豊臣秀夫とか徳川家康子とか(笑)実は徳川家康は女だったとか……。とにかく皆さんにぜひこのすばらしい作品を見ていただきたいと思います」とアピールした。

柴田勝夫役の原田は、「まず、せりふを覚える時から前田さんの本は難しくて……。想像では、白バックでやるのかなくらいに思ってたんだけど、すごいセットが用意されていて、それをネプチューンでやれるっていう夢のような仕事でした。初日から笑いをこらえるのに必死なドラマでしたね。もし僕が本当に戦国の時にこの小田家に使えていたら、それはそれで幸せなのかなって、思いました。ぜんぜんギスギスしていなくて、ちょっと信夫のことをばかにしていたり、明智充の顔がおもしろかったり、ずっと幸せでした。本当にこのまま続いてほしいなって思いました」と、明かした。

そして、明智充役の名倉は、「大河のスタッフはすごいなって改めて感じさせていただきました。かっちゅうを何時間もつけて待ちながら、僕は文句を言いながらずっと待っていたんですけど、こんな状態でこういうドラマを作らせていただけるということは本当にありがたいなと思いました。途中しんどかったんですけど、最後、すぐやりたいなと思うくらいの気持ちになって、朝4時くらいに“本能寺はこの辺りにあり”って叫びながら疲れて疲れてしょうがなかったんですけど(笑)。でもそれが終わったらすごいさみしい気分になったのを覚えています」と早くも“小田信夫ロス”の様子。

前田は、「大河ドラマは書かせてもらえないので(笑)、空想大河を書かせてもらおうと思って作ったんですが、最初にこれを言った時にはたぶんやらせてもらえないだろうなと思っていたところ、意外と皆さんのっていただいて。実際に怒る人もいるんじゃないかな、書きながら大丈夫かなと思ったんですけど、これがまかり通る世の中なんだなと思いました(笑)」と。完成した作品については、「実はこれは深い作品で、反戦とかが込められている作品なんで、見ていろいろなことを考えていただければいいかなと。コメディーとして一応描かれているんですけども、それだけじゃない何かあればいいなと実は思っていて、いい作品になったかなと思っています」と手ごたえを語った。