松坂桃李が新宿に出現!大量の青い目ポスターに何が視えるのか!?

公開:

松坂桃李が主演を務める、1月22日スタートの連続ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~、初回のみ22:00~)の巨大ポスターが新宿に出現。16日(月)から放送当日まで1週間にわたって、「巨大“視覚実験”ポスター」(横14.5m×縦約2m)が2面掲載される。

堤幸彦が監督を務める同ドラマの原作は、山口幸三郎による「探偵・日暮旅人」シリーズ(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)。主人公の“探し物探偵”日暮旅人(松坂)は、ある過去の出来事により、視覚以外の四つの感覚を喪ってしまう。そのかわりに、匂いや感情など、すべてを視ることができる。この特殊能力を使って、旅人は様々な事件を解決していく。そんな旅人を取り巻くのが、相棒の雪路雅彦(濱田岳)、血の繋がらない娘の灯衣(読み:てい、住田萌乃)、灯衣が通う保育園の保育士・山川陽子(多部未華子)。彼らの絆が、事件を解決する度に、天涯孤独だった旅人の冷えた心を、あたかも家族の様な温もりで溶かしていく。

放送開始に先駆けて行われる今回のキャンペーンでは、2つの実験を実施。青い目の水玉模様が無数に並んでいる「距離別で視えてくる“視覚実験ポスター”」には、見る距離によって、写真や文字が浮かび上がる仕組みが。一体、何が視えるのか、どこで視えるのか!? もう一方の実験「“隠れている旅人”探せ!」では、各ポスターに1箇所だけ旅人役の松坂の顔写真が紛れている。それを探し出して応募すると、「松坂桃李さんサイン入り・番組ポスター」が抽選でプレゼントされるというもの。詳細は番組公式サイトで。