清水富美加、庵野秀明制作統括アニメ『龍の歯医者』で声優初挑戦

公開:

庵野秀明が制作統括と音響監督を務めるアニメ『龍の歯医者』(BSプレミアム、毎週土曜20:00~)が、2月18日(前編)、25日(後編)の2週連続で放送される。渋谷の同局にてアフレコ取材会が行われ、主人公・岸井野ノ子役の清水富美加と、監督の鶴巻和哉が出席した。

本作の主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵・ベルを見つける。大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。自らが置かれた状況に戸惑うベルを励まし、彼を龍の歯医者として受け入れる野ノ子……。“龍の国”を舞台に、壮大なスケールで描かれる冒険ファンタジーだ。

鶴巻監督の指名で、声優初挑戦となる清水は、「すでに何日かアフレコをしています。最初出演が決まったときは、“期待6割、不安4割”なんて強気なことを言っていたのですが、今は逆転して、“不安8割、期待2割”です。でも、とても素敵な女の子だと思える野ノ子を演じられることと、この作品に参加できることの嬉しさを感じています。せっかくご指名いただきましたので、“別の人にオファーすればよかったな……”と思われることがないよう、心を強く持って日々収録していきたいです」と意気込みを語った。

そして鶴巻監督は、「この作品の企画自体は、『日本アニメ(ーター)見本市』の中で、短編アニメーションを作る企画からスタートしています。もともとは短編、しかもインターネットで公開する作品だったので、特定の人たちにしか届かないかもしれないと思っていました。しかし、企画の当初から、原作と脚本担当の舞城王太郎さんとも、なんとか多くの人に届けられるようにしたいという話をしていましたが、幸運にも今回長編化の機会に恵まれましたので、面白い作品にして成功させたいと思います」とあいさつをした。

また本作は、ベル役・岡本信彦、悟堂役・山寺宏一、柴名役・林原めぐみ、ブランコ役・松尾スズキら豪華キャストの起用も発表されている。