アイドルの“リアル”に密着!21歳で見据える将来への思い

様々なメディアでアイドル情報を発信している「TOKYO IDOL PROJECT」のレギュラー番組『アイドリアル ~アイドルの今を切り取る~』(フジテレビ系列 ※一部地域除く、毎週金曜26:00~、初回のみ26:55~)が、1月13日(金)よりスタート。初回は、まねきケチャ藤川千愛(21歳)と大阪☆春夏秋冬MAINA(19歳)にフォーカスする。

番組では、日本全国に3000組は存在すると言われるアイドルたちが、人知れず努力する姿にスポットライトを当てるドキュメンタリーバラエティ。彼女たちが“輝く場所”と、そこに立つための裏側の努力など、アイドルの“リアル”を見せていくことで、一人一人に必ずある“想い”を描き、アイドルへの共感や認知向上を目指していく。

今回、まねきケチャの藤川は、この世界に入り、今の自分やグループをどう感じ、将来をどう見据えているのか。インタビューと年末年始の大会場でのライブに密着しながら、21歳になったアイドルの心情を描いていく。

そして、MAINAがリードボーカルを務めるダンス&ヴォーカルアイドルの大阪☆春夏秋冬は、コーラスに選ばれマイクを握ることができるのが5人中3人。それぞれが競い合いながら、それぞれの役割を全うしている。そんな彼女たちのMV撮影、ライブイベントでの新曲衣装初披露の模様などをカメラが追う。