柴咲コウ主演大河『おんな城主 直虎』スタート

公開:

1月8日からスタートする大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。主演の柴咲コウは、戦国時代に男の名で家督を継いだ“おんな城主”井伊直虎(いい なおとら)を演じる。

本作は、戦のたびに当主を殺され、ただひとり残された姫が、「井伊直虎」と勇ましい名を名乗って乱世に立ち向かう物語。一途な愛を貫いて自ら運命を切り開き、戦国を生き抜いた女の激動の生涯を描いていく。

第1話「井伊谷(いいのや)の少女」では、天文13年(1544)遠江の国・井伊谷(現在の静岡県 浜松市)を舞台に、のちに井伊直虎という勇ましい男名で戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわ(新井美羽)の日常から始まる。

おとわは、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)と母・千賀(財前直見)のもと幸せな日々を過ごしており、おてんばな彼女の遊び相手は幼なじみの亀之丞(藤本哉汰)と鶴丸(小林颯)。そんなある日、おとわに亀之丞との縁談話が舞い込む。当主の座を継ぐつもりだったおとわは最初戸惑うが、やがて亀之丞の妻として井伊家を支えていこうと心に決める。

そんな折、亀之丞の父である井伊直満(宇梶剛士)が、主家である今川義元(春風亭昇太)に謀反の疑いをかけられ、駿府に呼び出されることになり……。

PICK UP