吉田鋼太郎、黒木瞳と“ケンカから始まる恋”

吉田鋼太郎が主演を務めるスペシャルドラマ『東京センチメンタルSP~千住の恋~』が、テレビ東京系列にて1月3日(火)の23時30分から放送される。

2014年の年末特別ドラマとして、そして2016年1月クールの「ドラマ24」枠で連続ドラマとしても放送された本作は、東京・言問橋の老舗和菓子屋「くるりや」の職人で、私生活では女性関係にだらしがなく、3度の離婚経験のある久留里卓三(吉田)の日常を描いた、完全オリジナルドラマ。卓三が毎回異なるヒロインに想いを寄せ、街ぶらデートし、酒を飲み、旨い飯を食い、そしてフラれる……。その「惚れやすさ」と「実らなさ」から“現代版・寅さん”として好評を博した。

今回のスペシャルは、卓三の1番目の妻との息子・正弘(福士誠治)が「くるりや」を訪ねてくるところから物語がスタート。久しぶりの再会、しかも突然の訪問で、ぎこちない空気が流れる父と息子。驚くアルバイト店員の須藤あかね(高畑充希)をよそに、正弘は「近々結婚するので、相手の女性と食事をして欲しい」と卓三に言う。

後日、「父親らしい振る舞いをするんですよ」とあかねに言われ、駄々をこねながらも食事会の場所に向かう卓三。正弘の婚約者・留美(鈴木杏)は明るく聡明でとても好印象だったが、留美の叔母・美奈子(黒木瞳)とは、食事会が進むにつれて不穏な空気が漂い始める。さらに、卓三の話した内容に美奈子が食って掛かり、2人はヒートアップ。初対面なのに言い合いのケンカに発展してしまう。そんなケンカから始まる“運命の恋”……果たして2人の恋の行方はどうなるのか!?