『SMAP×SMAP』最終回「目に焼き付けたい」「ありがとう」ファンの思い続々

人気アイドルグループSMAP(中居正広 木村拓哉 稲垣吾郎 草なぎ剛 香取慎吾)の年内解散をもって放送が終了する『SMAP×SMAP』の最終回が26日、フジテレビ系列で18時30分から23時18分まで、およそ5時間にわたり放送される。

最終回では、1996年の番組スタートから、森且行の脱退と涙の歌、5人としての再出発、時代を彩ったゲストとかけがえのない出会い。そして、稲垣と草なぎの事件からの復帰と、メンバーの友情伝説が刻まれた5人旅、真夏の夜に支えあった『27時間テレビ』など、5人と共に歩んだ番組の20年9カ月の軌跡と奇跡を振り返る。

ネット上には、ファンからのメッセージが続々と上がっており、「いまだに実感がわかない」「人生の一部でした」「月曜日のデートが……」「せめて特番で帰ってきてください!」「きちんと目に焼き付けたい」「SMAPのファンでいさせてくれてありがとう」「大好きです!」など、番組終了やSMAP解散を惜しむ声、そして、これまでの感謝の思いなどが続々と上がっており、SMAPの存在の大きさを改めて感じさせる。

また、ファンの間では、1月18日に同番組で行われた生放送を引き合いに出し、「最後に自由に語れる場を作って欲しい」という声も多数上がっており、様々なメディアでも、実現の可否が報じられてきた。現在、最終回で生放送があるのか、生放送でなくても何かしらのメッセージが発表されるのかは定かではないが、番組の最後に2002年に発表されたSMAPの代表曲で、解散発表後、ファンの呼びかけによって300万枚の売り上げを突破した『世界に一つだけの花』を熱唱することが明らかになっている。

なお、公式ホームページは、これまでのレイアウトを変更し、SMAPメンバー5人の写真と共に「20年間、ありがとうございました」というメッセージが記されている。