30歳以上限定の相席屋は「話が早い」リアルな出会い現場に『マツコ会議』が潜入

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。12月24日の放送では、30歳以上限定の相席屋を探った。

東京は赤坂の一ツ木通り沿いにある「相席屋R30」は、30歳以上限定の相席屋。クリスマスまでに恋人がほしい男女が集うという。料金は女性が無料で、男性は初回30分飲み放題で1500円。専用のアプリを使えば、店内の男女比率などもリサーチできるという。

地下1階の店内は全席が仕切られていて、すでに何組かの男女が楽しそうにおしゃべり中。中継班は待機している女性2人組に注目。マツコが2人に来店理由を尋ねると、「普通の相席屋も行ったことあるんですけど、こっちの方が話が早そう」と彼女。マツコも、「いやいや、大事よね。30過ぎたら、“じゃあお友達から”なんて言ってらんないもんね」と同意していた。さらに、彼女から、「13年間付き合った彼と別れてしまって、どうしたらいいですかね?」という質問が。マツコは「会ったこともない元カレには失礼だけど」と前置きしつつ、「(彼女が)30過ぎるまで13年も付き合っていて、そこで何も責任を感じなく別れられるっていうのは、男としてどうかと思う」と憤った。さらに、その元カレが別の女性とすでに結婚していることをSNSで知ってしまったという彼女。マツコは絶句しつつも、「なんて言ってあげたらいいか分からないけど、とりあえず(元カレが)不幸になればいいわね」と毒づき、女性たちの共感を呼んでいた。

続いては、33歳の看護師の2人組が登場。理想の男性を尋ねると、彼女たちからは「身長が高くて、太ってなくて目が二重で、ちゃんとお仕事していて、年収800万円がいいです」という条件が飛び出した。街コンやクラブに行っているが、なかなか出会いがないという2人。マツコが「もうちょっと条件落とせないの?」と聞くと、「前の彼氏、お医者さんなんです。(だから)ハードルが上がっちゃってたのかもしれないです」と分析。最後にマツコは「人生って、これが理想といわれていることだけがすべてじゃない。それだけにさいなまれないでね」とアドバイスを送っていた。

中継班は相席中の男女にも突撃。飲食店の運営会社に務めている男性2人組と、受付嬢の2人組がお酒を飲みながらおしゃべり中。「受付嬢だと入れ食いじゃないの?」とマツコが女性2人に尋ねると、「お客さんが年齢層高いので。あと、社内もおじいちゃんばかりなので」と、男性との出会いがないことを明かした。一方、「違う業種の方と出会う機会もないし、すごく楽しいです」と、やや真面目すぎるきらいのある男性陣。女性陣と見比べたマツコは、「こりゃちょっと(男性陣の)勝ち目ないな~。完全にマウントポジションとられてる」と指摘するのだった。

他にも30歳には見えない方言女子などが登場した今回。番組の中で特に気になったものに迫る「さらに掘り下げたVTR」では、店内での男女のやり取りにガチで密着。番組HPでは、リアルすぎるやり取りが公開されている。

次回の放送は、自分だけのオリジナル写真が撮れる大人気のフォトスタジオに潜入。成人式直前の女性たちとマツコがトークを繰り広げる。