嵐、6年目のフジテレビ新春キャンペーン『アラおめ!』に意気込み

フジテレビの新春キャンペーン発表イベントが12日、東京・台場のフジテレビ本社で開催。6年連続となるとのコラボレーション企画『アラおめ!~拍手の嵐~』の詳細が明らかになった。

今回のキャンペーンは、12月27日から1月3日まで8日間にわたり開催。期間中は多数の嵐関連番組が放送され、CMの放送やポスターを掲出。最終日の3日には、『嵐ツボ』(16:15~18:00)、『VS嵐2017賀正 新春豪華3時間SP』(18:00~21:00)、新春大型ドラマ『君に捧げるエンブレム』(21:00~23:30)が放送される。

6年目を迎えるキャンペーンについて櫻井は「最初は特別感が凄かったですが、最近は年末年始になると”そろそろ『アラおめ』の時期かぁ”と馴染んできた」とコメント。今回のキャンペーンタイトル「拍手の嵐」が発表されると、大野が「より拍手を送り合おうじゃないかと。拍手を送られると嬉しいし、送っても嬉しい。小さなことでも素晴らしいと思ったら拍手をしていけたら」とコンセプトを発表した。

そして、放送される番組の話題になると、『嵐ツボ』について二宮が紹介。昨年は、嵐メンバーが体を張ったロケを行ったが、今年は、まだ決まっていないランキングを5人で見ていくという企画を実施。「5人揃う一発目が嵐ツボですので、この独特の雰囲気に拍手していただけたら」とアピールした。

そして、『VS嵐』3時間SPは、嵐チーム、吉田沙保里率いるレスリング女子チーム、山崎弘也率いるザキヤマ軍団による”三つ巴対決”と、大好評ババ抜き企画”BABA嵐”が行われることが明らかに。三つ巴対決の収録はすでに行われており、松本は「すごい接戦でした。レスリングチームはアスリートですから負けん気もありましたし、芸人軍団もめっちゃ面白かったです。最後までどこが勝つかわからないと思います」と収録を振り返った。また、輝いたメンバーが誰かと聞かれると櫻井をあげ、「普段だったらその役割はやらないのですが、新春だったのでクリフクライムを櫻井さんがやります」と語り、櫻井は「ほかの人の場合、早く登るとか高ポイントを取るとかですが。私の場合、それだけが活躍じゃない」と笑顔を見せた。

そして、ラストを飾るドラマ『君に捧げるエンブレム』について櫻井は「骨太でしっかりしたドラマが完成した」と語り、身体障碍者をテーマにした作品について「取材させていただくのと、プレーヤーでは見えるものも感じるものも違いました」と語り、演じた主人公・鷹匠和について「すごく前向きでときに自己中心的に映るくらい我の強い方です。彼の格好良い姿をご覧いただけたら」と話した。

さらにキャンペーンのテレビCMが公開され、相葉が撮影を振り「最後に皆でドンと押したスタンプが重かった。たぶん50㎏くらい?」と語ると、司会が「15㎏ですね」と明かし、かけ離れた重さに「意外と重くなかったですね」と照れ笑い。また、BABA嵐の収録については「ババ抜きの練習を風間くんとやったりしています」と語り、「あのダサいジャケットを正月に着ていたのを親戚が見ているんです。負けられない」と語った。

PICK UP