伊藤蘭「最大の危機が訪れます」大物俳優に女医チームが奮闘

女優の伊藤蘭が、11月29日放送のドラマ『レディ・ダ・ヴィンチの診断』(カンテレ・フジテレビ系列、毎週火曜21:00~)第8話のみどころを語った。

本作は、吉田羊演じる天才外科医・橘志帆を中心に、解析診断部の女医7人によるメディカルチーム“レディ・ダ・ヴィンチ”が原因不明の病に立ち向かう、爽快な医療ミステリードラマ。伊藤は、解析診断部の部長・岩倉葉子を演じている。

第8話では、志帆の休暇中に大物俳優の堂島謙三(大和田伸也)が搬送されてくる。症状から人食いバクテリア(劇症型溶連菌感染症)に感染した可能性が浮上。その場合、発症後24時間以内に患部を切除、洗浄しなければ命を落とすことになる。しかし堂島は治療を拒否。頼みの綱の志帆も全く連絡が取れないばかりか、堂島の入院がマスコミに漏れ、事態は深刻になっていく……。そんな中、岩倉が動き出す。これまで敵対していた志帆さながら陣頭指揮を執り、原因の究明に奔走する。

伊藤は第8話のみどころを「橘先生が休暇でいない時に、解析診断部に最大の危機が訪れますが、メンバーひとりひとりが知識や経験を駆使して乗り越えようとします。葉子も、橘先生のように田丸先生(吉岡里帆)を調査に行かせたり……。これまでバラバラだった解析診断部が一丸となって病因を突き止めようとする」と語り、「それにしても第8話は、ビブリオ・バルニフィカス、劇症型溶連菌感染症、クリンダマイシン、シプロフロキサシンなど、難解な医療用語が多かったです(笑)」と撮影を振り返った。

そのほか、番組のプレゼントクイズ企画第2弾を第8話の放送終了後から深夜0時まで実施。OA内容に関するクイズが出題され、カンテレ無料ファンクラブの会員ページ経由で応募をすると、研修医・田丸綾香役の吉岡、MR・宮部航平役の庄野崎謙、そしてイケメン看護師・藤本修二役の池岡亮介&渡辺弘役の五十嵐健人の直筆サイン入りボードが抽選で各1名にプレゼントされる。