菊地亜美がもはや別人!? 黒髪ロングヘアーでシリアス演技に挑戦

タレントの菊地亜美が、11月20日放送の『レンタル救世主』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)第7話へのゲスト出演が決定。髪の毛を黒く染め、普段の明るいイメージと異なる、シリアスな演技を披露することがわかった。

本作は、「助けて」と願えば甘えと呼ばれ、「助けたい」と叫べば偽善と呼ばれる世の中で、完全歩合制の営利目的で貴方の危機に馳せ参じる“レンタル救世主”がテーマ。主人公は、莫大な借金を抱えており、妻子のために「命を懸けて救世主をさせられる」超絶お人好しな中年男・明辺悠五(沢村一樹)。そんな“雇われ救世主”が、仲間と共にレンタル期限付きで、依頼者のために痛快爽快に悪を挫いていく物語だ。

菊地が演じる役は、レンタル救世主のいろは(中村アン)の高校時代の友人・星子。市議会議員の星子は、「バーガー村」という市の施設の移転問題で収賄疑惑をかけられ、世間から注目されることに。星子の依頼は、逮捕される前に高校時代に所属していたチアリーディング部「ラバーズ」のメンバー7人に会いたいということだった。その願いを叶えるために明辺たちが奔走したところ、新たな可能性が浮上してきて……。

今回のドラマ出演を受け、菊池は「今まで演技経験があまりないので少し不安でしたが、『レンタル救世主』は毎週観ていたので、そんなドラマに出られるのはすごく嬉しいです!」と喜びを明かし、「バラエティのイメージしかないと思いますが、真剣にやってますので、また違った菊地亜美を見てください!」とアピールした。

そんな菊池の起用理由について、ドラマのプロデューサーは「この役を誰に演じてもらうべきか考えた時に、シリアスな役どころなので、あえて普段のバラエティ番組などでは明るく愛されるキャラクターとして知られている菊地亜美さんに、ぜひ演じてもらいたいと思いました」と明かし、「演技の経験が少ないことはわかっていましたが、その分、新鮮さと、菊地さんが持つ可能性にかけてみたいと思いました。本人は、もちろん初日からものすごく緊張していましたが、ドラマの役に合わせて髪の毛を黒くしたり、見た目も気持ちも本気でお芝居に取り組んでくれて、その一生懸命な姿がとても良いです。放送では、普段のイメージとは違う、新たな菊地亜美を見て頂けるのではないかと思います」と語った。