関根勤もイチオシ!“バッツネ”とあばれる君の天然散歩が衝撃的

内村光良がMCを務める番組『内村てらす』(日本テレビ、毎週木曜深夜)。11月10日は、人気芸人がイチオシする芸人として、バッドナイス常田(通称:バッツネ)が登場した。

『内村てらす』は、お笑い界の太陽・内村が、世間でもっと評価されてもいいはずの、腕のある「実力派芸人達」に光を“てらす”べく、芸人にスポットライトを当て、その知られざる魅力や面白さを、様々な切り口で届ける芸人研究&ネタ番組。ネタあり、VTRあり、トークありのお笑いエンターテインメントだ。

まずは、常田をオススメする関根勤がVTR出演し、「たたずまいが、自然の中にたたずんでいる鹿のような感じ」「“若い時は暴走族みたいなことしてました”って言うんだけど、“ダムの上で走ってました”って。全然暴走族じゃない(笑)」「ウッチャン意外と好き。ふわーっと来るタイプ。エアコンで言うと一番静かな風」と、その魅力を解説。これについて、常田は「モテたくてやっていたファッション暴走族なんです」と語り、ダムの上を走っていたことに絡めて「やっぱ街の方には本物のヤンキーがいたので。あと人に迷惑をかけたくないので、ダムの方は空気も濃いし気持ちいい」と説明すると、内村から「暴走族じゃねぇじゃん」とツッコミが入る。さらに常田は「ある日、街の方のヤンキーが、“ダムの方にやべえやついるらしいよ。行ってみようぜ”って言っていたので、その日にメンバーを全員集めて、“もう解散しよう”って言いました」と続ける。

その後、休日に密着したVTRでは、「もし太陽が輝くのをやめるなら、自分が輝けばいい。バッドナイス常田です」と独特な自己紹介を披露。そこにやってきたのは、師匠のあばれる君(ばれるさん)。阿佐ヶ谷界隈を二人で散歩するのがオフの過ごし方ということで、この日も不思議なやり取りを展開。常田が「懐かしいっすね、この道。覚えてます?」と切り出し、「ばれるさんが“PS3やるよ”って。タダじゃ貰えないっす。お金受け取ってくださいって自分が言ったら、“兄弟から金取れねぇだろ”って。カッケーと思って家持ち帰ったら起動しなくて、俺の持って行き方が悪かったかなって、一週間言えなかったら、ばれるさんから“中の野球ゲーム、出てきたら返してくんねぇ”って。あっ、家の時点で壊れてたんだってピーン来ましたよ」と衝撃のエピソードを明かす。終始取り留めのない話をしながら散歩を続けた二人は、定番の公園に到着。すると、あばれる君が「プラーナやってんの? 日光で栄養取ってんの?」と、気を体に取り込む健康法について質問する。そこで、常田が実演してみせるが、あばれる君から「太陽あっちだよ」と、太陽と真逆の方向を向いたままだったことを指摘される。それでも常田は「もうお腹パンパンです。3食分の1食くらいですね」と満足気に語るが、あばれる君からは「ただの1日2食じゃん」とツッコまれていた。