見ている方も熱くなれる!王道クイズ番組『今夜はナゾトレ』がスタート

“アヤしいナゾ”を解くことで“脳”をトレーニングするバラエティ番組『今夜はナゾトレ』が、11月8日(火)19時より初回2時間スペシャルでスタート。番組MCを上田晋也が務め、回答席の有田哲平タカアンドトシ柳原可奈子、そしてゲストたちが、日本を代表する“ナゾクリエイター”から届くアヤしいナゾを解き明かしていく。

ナゾクリエイターが作るナゾは多種多様で、一流マジシャンたちが信じられない5つの変化を加え、それを見つけていく「アヤしい間違い探し!ナゾトレフェイク5」、脱出ゲームなどで注目の東京大学謎解き制作集団が作り出す、最先端の暗号謎解き「小学生でも解ける! アヤしい東大ナゾトレ」、どんな歌でも逆さに歌う84歳の自称“リバースシンガー”の歌う曲を解明する「アヤしい逆さ歌ナゾトレ」など、ほかにもバラエティに富んだジャンルのナゾが用意される。

レギュラー放送を前に行われたパイロット版の収録を終えた上田は「皆が真剣にクイズバトルをしていて、どのジャンルも楽しかった」と語り、柳原も「フェイク5のコーナーが楽しくて盛り上がった。朝までやっていたかった」とコメント。トシも「やっている方も見ている方も熱くなれる、家族そろって楽しめる王道のクイズ番組だと思う」とアピールした。

また、レギュラーメンバーは、同局で2007年に放送されたバラエティ番組『ペケ×ポン』から一緒にやってきたこともありチームワークは抜群。柳原が「上田さんが回答席は楽しそうと言っていた(笑)」と暴露すると、上田は「柳原が司会を変わってくれるとか、アナウンサーさんに進行を任せて、僕も回答者になれても良いのにね」と提案。すると、ほかのメンバーは「4人がMCで上田さんが回答する?」「俺らは4人で一緒にいたいから」と口々に言いだし、上田は「俺もそろそろ皆と打ち解けたい」と叫び、仲間外れネタで取材陣を笑わせていた。

8日の初回放送には、道尾秀介、宇治原史規(ロザン)、関根勤、徳光和夫、宮崎美子、優木まおみがゲスト出演する。

PICK UP