瀬戸康史、清水ミチコ考案「絶品かぼちゃプディング」を再現

公開: 更新:

11月7日の『グレーテルのかまど second season』(Eテレ、毎週月曜22:00)は、「清水ミチコのかぼちゃプディング」と題して、清水が実家の喫茶店のために考案したレシピとそれにまつわるエピソードを紹介する。同番組は、瀬戸康史がナビゲーターの15代ヘンゼルとして、スイーツにまつわる不思議な物語を届けていく。

やさしいかぼちゃの風味を生かしたプディング。コーヒーに入れる生クリームを、プディングにもかけて食べるのが清水家流だ。ほろ苦いカラメルと、まろやかなクリームのハーモニーが抜群のレシピは、故郷、飛騨高山の特産であるかぼちゃを見てひらめいたと明かす。そして、このプディングには、今は亡き父への言葉にならない思いが託されていた。番組では、清水の思いをひも解きながら、スタジオのヘンゼルが極上のプディング作りに挑戦する。