国仲涼子、金田明夫に振り払われる…『IQ246』第4話

公開: 更新:

女優の国仲涼子が、11月6日放送の連続ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系列、毎週日曜21:00~)第4話にゲスト出演し、クラシックを奏でる美人ピアニスト役を演じる。

本作は、代々ありとあらゆる学問のみを探求してきた法門寺(ほうもんじ)家の末裔・沙羅駆(しゃらく)が、IQ246の頭脳を武器に難事件を解決する1話完結の本格ミステリー。主演の織田裕二が沙羅駆を、土屋太鳳が沙羅駆を警護する刑事・和藤奏子を、ディーン・フジオカが沙羅駆の執事・賢正を、そして中谷美紀が、沙羅駆の推理に魅了される法医学専門医監察医・森本朋美を演じる。

これまで石黒賢、佐藤隆太、観月ありさと毎回豪華なゲストを迎えている本作だが、今回は国仲が美人ピアニスト・二本松由里(にほんまつ・ゆり)で出演。また、もう1人のゲストである金田明夫は、大学病院の外科系統括部長を務める医師・土門賢治(どもん・けんじ)を演じる。半年前に妻と死別しており、子供もおらず一人暮らしをしている土門は、タワーマンションの最上階にある自室で、他殺体となって発見される。

土門が由里を地下駐車場で振り払うシーンの撮影中、金田と国仲は、演出方法を熱心に話し合っていたそう。そんな中、金田が「こんな美人に追いかけられるなんて、芝居でももうないよね(笑)」とポツリ。スタッフ一同「ないですね~」と深く共感すると、国仲は「そんな事ないです」と照れていたという。

[第4話あらすじ]ある日、医師の土門が自室で殺されているのが見つかった。凶器は部屋にあった置物と果物ナイフの二つで、現場状況から土門は読書の最中、不意に背後から置物で頭部を殴られ、その後に果物ナイフで背中を二度刺されたと見られる。警察は、金品などが盗られている状況から強盗殺人だと判断する。

しかし、犯行時刻とされる時間帯、マンションに設置されている十数台の防犯カメラに不審人物は映っていない上、土門の部屋に繋がるエレベーターはコンピューターで制御されており、50階へ行くには暗証コードが必要だった。

事件の情報を嗅ぎ付け現場に乗り込んできた沙羅駆は、現場を検分し遺体に掛けられていたメガネと果物皿にあったグレープフルーツ、そしてジャズのCDばかりが並べられている棚に1枚だけあった未開封のクラシックCDに着目する。これらの物証から、沙羅駆は「強盗に見せかけた殺人ではないか」と仮説を立て、怨恨の線で犯人を追うべきだと判断。そしていくつかの手掛かりを頼りに、土門の部屋に残されていたクラシックCDの演奏者である由里に会いに行く。