菅田将暉「キラこそが神だ」『デスノートLNW』本編映像が解禁

人気コミックを実写化して大ヒットした映画『デスノート』(2006年)の10年後を描く続編『デスノート Light up the NEW world』(2016年10月29日公開)の本編映像が新たに公開。死神・リュークとのやり取りの中で、菅田将暉演じる、サイバーテロリストの紫苑優輝がキラ信奉者となった理由が明らかになった。

2006年に公開された映画『デスノート』では、名前を書き込むことで人を殺すことができる“デスノート”を使用し、犯罪者のいない新世界を造り、神になろうとした青年・夜神月(藤原竜也)、通称“キラ”と、彼を捕まえようとする世界一の探偵・L(松山ケンイチ)との熾烈な心理戦・頭脳戦が描かれた。

正統な続編として紡がれる本作では、 “デスノート”が地上にもたらされ、世界中が大混乱に陥っていた。そんな中、キラ事件に精通した“デスノートを追う男”三島創(東出昌大)を中心とした<デスノート対策本部>が構えられていた。そこに、世界的私立探偵にして、Lの正統な後継者“デスノートを封じる男”竜崎(池松壮亮)も加わり事件解明に当たる。そして、とある事件から一冊のデスノートを入手するが、その現場には、キラ信奉者“デスノートを制する男”紫苑の姿が……。そして、“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という「6冊ルール」のもと、今、デスノートを巡る三つ巴の戦いの火蓋が切って落とされる。

映像では、リュークが大好物のりんごを食べながら、紫苑の背中にある傷に気づいて問いかける。すると、紫苑は「トチ狂った男に、一家全員殺され、僕だけが奇跡的に生き残った」と自身の過去を告白。10年前、彼の家族を惨殺した犯人をキラが裁いたことから、キラを崇拝する紫苑。「犯人が生きている間、ずっと怯えて暮らしていた。キラのおかげで僕は呪縛から解放された」と語る。

そして、「キラこそが神だ」と、不敵な笑みを浮かべる紫苑。その無垢で純粋すぎる正義感はある種の狂気をはらんでいる。そんな紫苑の目論みは、10年の時を経て再び人間界にもたらされたデスノート“6冊”全てを独占し、新世界を作り出すこと。デスノート対策本部の捜査官・三島とLの遺伝子を継ぐ世界的私立探偵・竜崎は、彼を止めることができるのか!?