ガンバ大阪vs浦和レッズ、ルヴァンカップ決勝をフジで生中継

ガンバ大阪と浦和レッズが対戦する「2016 JリーグYBCルヴァンカップ」決勝戦の模様が、フジテレビ系列で10月15日(土)13時より埼玉スタジアム2002から生中継される。

「ヤマザキナビスコカップ」から大会名称が変更された「YBCルヴァンカップ」。サッカーの国内3大タイトルの一つで、ナビスコ杯から通算で24年にわたり開催され、同一企業の協賛で最も長く開催されたプロサッカーリーグの大会としてギネス世界記録に登録されている。また、決勝は16年間にわたり国立競技場で行われてきたが、改築工事のため、2014年からは浦和レッズのホームスタジアムとなる埼玉スタジアムで決勝が行われている。

長谷川健太監督が就任して以来毎年タイトルを獲得し、同大会も3大会連続の決勝進出となるガンバ大阪。しかし、2週間前に同スタジアムで行われたJリーグの試合で浦和レッズに完敗。セカンドステージの優勝争いから脱落することになった。この借りを返す舞台が早くも用意された。

一方の2003年以来の制覇を狙う浦和レッズは、現在Jリーグで年間、セカンドステージ共に首位と好調。就任して5年目のミハイロ・ペトロヴィッチ監督にとって初のタイトル獲得まであと一歩までやってきた。しかし、対戦相手のガンバ大阪は、浦和レッズにとっての大一番でことごとく壁になってきた因縁の相手。先日の勝利だけでは返せないほどの大きな借りがある。

PICK UP