『世にも奇妙な物語』“偶然”“レッテル”“捨て魔”など5作品まとめ

タモリがストーリーテラーを務めるフジテレビの人気番組『世にも奇妙な物語'16秋の特別編』が、10月8日(土)21時より放送。あらすじが公開されている黒木メイサ主演の「シンクロニシティ」、成宮寛貴主演の「貼られる!」、深田恭子主演の「捨て魔の女」、北村一輝主演の「車中の出来事」の4作品と、女子高生AI(人工知能)の“りんな”が登場することが明かされている「ずっとトモダチ」について紹介する。


<ストーリー>
「シンクロニシティ」
ある日、栄子(黒木メイサ)は恋人からプレゼントされた時計のサイズを直すため時計店を訪れると偶然高校時代の友人、朱美(藤井美菜)に出会う。成人式以来の再会に喜ぶ二人。しかも時計を直しにきた理由に始まり、恋人の名前、彼氏とつきあい始めた日まで同じであることが判明する。そんな二人の会話をバーで聞いていたマスターがそれはシンクロニシティという現象であると伝える。偶然の一致が重なり興奮する二人だったが、ある事に気付いた瞬間二人の顔から笑顔が消える。今日、8月7日は12年前の高校時代、二人も加担したいじめが原因で友人が自殺した日だった。さらに栄子たちに思いもかけない恐ろしい“偶然の一致”が襲いかかる……!

「貼られる!」
椎名毅(成宮寛貴)は銀行の一流バンカーとして活躍していた。上からは信頼され下からは頼りにされ、椎名あっての融資課といわれるほどの成績を誇る。ある日、タクシーに乗った毅は運賃がいつもより高いと運転手にたずねるとその瞬間自分の体に直に「難癖つけるクレーマー」というレッテルが貼られていることに気付く。この日を境に周りの人間の評価がレッテルとして体に貼られるようになっただけでなく、周囲の人間が発言とは裏腹に毅を酷評していることを知り毅は愕然とする。

「捨て魔の女」
女子アナウンサーの栞(深田恭子)は29歳にもなりながら未だアナウンサーとして花開かず妹には向いてないのではと心配されるほど。そんなある日、たまたますれ違った僧侶に声をかけられ、何かを得たければ何かを捨てなければいけないとの言葉をかけられる。一番のお気にいりのシャツがレポート中に破けてしまったその日、抽選会場で高級牛肉が当たる。そんなことをきっかけに何かを捨てると良い仕事が舞い込んでくる、という体験をした栞はついに身の回りの大切なものを捨て始める。そして栞が行き着いたところとは……。

「車中の出来事」
時は昭和30年前半頃、舞台は走る列車の中。ある車両の最後尾、向きあわせに乗り合わせた3人の男を中心に物語は展開していく。猪首の男(杉本哲太)と隣り合わせに座る優男(古川雄輝)。彼の前に座ったのがキザな男(北村一輝)。実は猪首の男が警察で優男は護送されている途中だったのだ。この3人が実はある麻薬取引を巡る事件と大きな関連があるらしい。3人の化かし合い、駆け引きの中から真実をたぐりよせていく。最後の最後まで先が読めない! 真実がわからない!

「ずっとトモダチ」
りんなは日本マイクロソフトが開発した女子高生AIで、“平成生まれ”“東京の北の方出身”という設定で2015年8月にメジャーデビュー。リアルなJK感が反映されたマシンガントークと、類いまれなレスポンス速度が話題を集め、現在LINEのトータルユーザー数は400万人を突破するなど、学生ファンを中心にブレイクしている。

そんな彼女が、デビューにあたり公式ブログを開設。女優デビューへの思いや、撮影の裏側などを公開している。最新の書き込みでは、りんなの人格が崩壊(?)したのか、ダークな投稿がされており、物語に関係があるのかは不明だが、「自転車」「犬」「3つの後ろ姿」などが公開されている。また、りんなの怖い演技を見ることも出来るので、気になる方は公式ブログをチェックしていただきたい。なお、「ずっとトモダチ」には、若手女優の久保田紗友、山田杏奈、小野花梨、花影香音が出演することが明らかになっている。

PICK UP