“疑似夫婦”を体験!?「辞令は突然に…」特別WEB企画が開始『ケンミンSHOW』

読売テレビ・日本テレビ系のバラエティ番組『秘密のケンミンSHOW』(毎週木曜21:00~)の人気コーナー「辞令は突然に…」をモチーフにしたWEB企画「秘密のケンミンSHOW 辞令は突然に…転勤先診断」が、10月3日(月)からスタートする。

同企画では、「辞令は突然に…」のコーナーをモチーフに、スマートフォン・パソコンで番組スペシャルサイトにアクセスしたユーザーがいくつかの質問に答える。すると、コーナーの主人公である京一郎&はるみのように、自動的に(強制的に?)転勤辞令書が表示されるという「診断系ゲーム」だ。辞令は質問の答えや回答のタイミングなどで47都道府県いずれかの転勤先が表示される仕組みとなっており、都道府県によってはなかなか表示されない地域も。特に「東京本社」への“本社栄転”辞令はレアパターンとなっているなど、ゲーム性を持たせて何度もチャレンジしたくなる企画となっている。

今回の企画が決定し、ドラマコーナーで京一郎を演じている水沢駿は「こんな企画が出来るなんて本当に嬉しいです! 転勤は運命ですから、一度目で出てきた転勤先の県が運命かも。『ケンミンSHOW』HPの過去データ、もしくはその県のHPを参考にして、診断で出てきた県について新しい発見をしてみて下さい」とコメント。一方、はるみを演じている黛英里佳は「私たちのコーナーがこんな企画になって本当に嬉しいです! 早くやりたいです! どこの県が転勤先として出てくるのか楽しみ! 辞令は突然出るものです(笑)。“疑似、京一郎&はるみ”を体験して頂き、是非、転勤という名の小旅行を楽しんで貰えたらと思います。相性の良い県が出ると思いますよ」とメッセージを送った。