待望のニアが登場!『デスノートLNW』前日譚ドラマで阪口大助が声を吹き込む

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が出演する映画『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)。本編公開にさきがけて、動画配信サービス「Hulu」にて公開されているオリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION 竜崎篇・遺志』に、人気声優の阪口大助がニア役で出演していることが明かされた。

2006年に公開された映画『デスノート』では、名前を書き込むことで人を殺すことができるノートを使用し、犯罪者のいない新世界を造り、神になろうとした青年・夜神月(藤原竜也)、通称“キラ”と、彼を捕まえようとする世界一の探偵・L(松山ケンイチ)との熾烈な心理戦・頭脳戦が描かれた。それから10年後に舞台を移し、正統な続編として紡がれる本作では、死神が6冊のデスノートを地上にもたらし、世界中が大混乱に陥っていた。そんな中、キラ事件に精通した“デスノートを追う男”三島創(東出)を筆頭に、5人の対策特別チームの捜査官たちを中心とした<デスノート対策本部>が構えられていた。そこに、世界的私立探偵にして、Lの正統な後継者“デスノートを封じる男”竜崎(池松)も加わり事件解明に当たる。そして、無差別殺人の現場で一冊のデスノートを入手。しかし、その現場には、キラ信奉者“デスノートを制する男”紫苑(菅田)の姿が……。“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という「6冊ルール」のもと、今、デスノートを巡る三つ巴の戦いの火蓋が切って落とされる。

16日(金)0時(15日深夜)より3週連続で公開されていくオリジナルドラマ。『竜崎篇・遺志』では、池松演じる竜崎が、日本での密室事件を捜査するうちに、デスノート事件への参加を決意するまでが描かれる。彼は、なぜデスノート事件への参加を決めたのか? Lとの約束の謎に迫る、本格推理サスペンスストーリーだ。さらに本作には、デスノートファン待望の人気キャラクター“ニア”も登場。その声を阪口が演じていることがわかった。

“デスノファン”はもちろん、『デスノート』初心者も必見の映画『デスノート Light up the NEW world』につながる設定や謎が盛りだくさんのオリジナルドラマ『デスノート NEW GENERATION』は、『三島篇・新生』『竜崎篇・遺志』が配信中。30日(金)0時(29日24時)からは、菅田演じる『紫苑篇・狂信』が配信スタートする。

PICK UP