ピース又吉直樹「火花」にうっかり書いてしまった“あるコト”を告白

日本のルーツに大きな影響を与えた“水”にまつわる様々なミステリーを探る特別番組『AGF presents 日本のルーツを行く!又吉ロマン~知られざる水の神秘とは!?~』(カンテレ・フジテレビ系列、9月27日22:00~)で、ピースの又吉直樹が、リリー・フランキーと文壇トークを繰り広げる。

まず、「京都の台所」と呼ばれる錦市場を訪れた又吉とリリーは、食材の鮮度を保てる秘密に出会う。そして、他の地域と比べて特別おいしいわけではないという京都の水がなぜ名水と呼ばれるのか? 江戸時代から始まるブランド戦略を知ることになる。さらに、京都の水を活かした寿司に舌鼓を打ちながら、共に小説家としての顔を持つ2人が文壇トークを展開。又吉は次回作について「今、書き始めています」と明かし、タレント活動をしながらの執筆活動について語る。また、リリーは「架空の人物を主人公に置くことで、知らないうちに自分の思っていることを書いてしまう。そこを読み透かされると恥ずかしい」と語り、それに同調した又吉は、自分の本音を入れ込み過ぎないよう気をつけながら執筆した「火花」にうっかり書いてしまった“自分の癖”を告白する。

そのほか、又吉は観月ありさと共に青森県と秋田県にまたがるユネスコ世界遺産・白神山地へ。世界最大規模のブナの原生林が、人の手がほとんど加わらない状態で広がるこの地の水にまつわるミステリーに迫る。また、夏木マリとは四国霊場八十八カ所を巡る「お遍路」の白装束に身を包み、弘法大師・空海ゆかりの土地・香川県を訪れる。霊場八十八カ所と水との深い関係を学び、出釈迦寺では病が治るという伝説がある「弘法水」と呼ばれる湧き水にまつわる、伝説に収まらない不思議な秘密を知る。さらに空海が過酷な修業をしたと伝わる断崖登頂に又吉が挑戦する。

又吉は今回の旅について「京都では、歴史や文化と水がいかに深い関係だったかということがよくわかりました。リリーさんとは初対面だったのですが、作品から僕がイメージしていた通りの面白い方だった」とコメント。観月との白神山地ロケについては「長く親しくしてもらっていますが、今回も旅の間、僕があんまり喋りを回さないので励まし続けてもらっていました」と語り、「ミステリアスで本当に神様がいる雰囲気がありました。普段ほとんど動画を撮らない僕ですら、撮って後輩に送りましたもん(笑)」と印象的な旅になったことを明かした。一方、香川の旅については「久しぶりハードなロケでした」と語り、「鎖一本で崖の上に登って、僕のキャラ的にあんまりこういうのはないので新鮮でした」と振り返った。