イモトアヤコ、“死の崖”アイガー登頂なるか!?『イッテQ!』2時間SP

9月18日(日)放送の『世界の果てまでイッテQ!登山部アイガーSP』(日本テレビ系、19:00~20:54)で、タレントのイモトアヤコが、“死の崖”とも呼ばれる名峰・アイガーに挑戦した様子に密着する。

同企画で、これまでキリマンジャロ、モンブラン、アコンカグア、マッターホルン、マナスル、マッキンリー、と世界の名峰に挑んできた登山部のメンバーたち。今回は、ベルナーアルプスの一峰でありスイスを代表する山で、ユングフラウ、メンヒと並び、ユングフラウ三山の一つとされる、アイガー(標高3970m)に挑戦する。

世界中の熟練アルピニストたちが愛してやまない名峰で、とにかくナイフリッジ(ナイフの刃のように尖った切り立った尾根)が凄まじいアイガー。足を置ける岩肌は数cmで、一歩間違えれば滑落もあり得る。また、最終アタックは高低差600mの道のりで、およそ6時間のクライミングになる。そんなアイガーには、ナイフリッジをはじめ、固定ロープを登ったり下ったりする「フィックスロープエリア(およそ13のピークがある)」、200mものフィックスロープが続く「ジャンダルム」、頂上までのスノーリッジなどの難所が待ち構えているが、果たして、登山部は登頂することができるのか!?