タイムマシーン3号『キングオブコント』決勝初進出は「狐につままれたよう」

公開: 更新:

プロ、アマ、芸歴問わず、全国の挑戦者たちが熱いバトルを繰り広げて“コント芸の日本一”を決定する『キングオブコント2016』のファイナリスト10組が、9日に発表。エントリー総数2510組からファイナリストに選ばれたタイムマシーン3号(山本浩司・関太)が、テレビドガッチの動画インタビューに応じ、決勝に向けた意気込みなどを語った。

2010年以来、4年ぶりのエントリーで決勝初進出を果たしたタイムマシーン3号。山本は「まさか行けるとは思わなかった」と、関も「狐につままれたような感じ」と、2人とも驚きを隠せない様子。関は「(決勝には)コントの面白い方がいっぱいいますから、どうにか爪痕を残せたら」と意気込みを語っている。

ファイナリストはタイムマシーン3号のほか、しずる、ななまがり、ジャングルポケット、だーりんず、ジグザグジギー、ラブレターズ、かもめんたる、ライス、かまいたちの10組(順不同)。決勝の模様は、10月2日(日)19時よりTBS系列にて生放送される。