櫻井翔主演ドラマにプロデューサー「障がいを売りものに涙を誘う番組ではない」と熱弁

嵐の櫻井翔主演で、元Jリーガーの京谷和幸の半生をモデルに描かれる、フジテレビ系大型ドラマ『君に捧げるエンブレム』(2017年新春放送)のプロデューサー・増本淳がコメントを発表。櫻井を起用した理由やドラマにかける思いを語った。

本作は、車椅子バスケ日本代表選手として世界を目指した元Jリーガー・鷹匠和也と妻の絆を描いたヒューマン・ラブストーリー。和也は、幼少の頃から注目を浴びたサッカー選手で、Jリーグに入団後、23歳でA代表にも選出。婚約者・仲川未希との新居も構え、まさに順風満帆だった。しかし、交通事故で脊髄を損傷し、一生を車椅子で過ごさなければならなくなってしまう。過酷な現実を突き付けられ、絶望のどん底にいた彼に、未希が差し出したのは婚姻届だった……。以前と変わらぬ態度で接する未希に支えられ、驚異的なスピードでリハビリを克服していく和也。しかし、サッカーに代わるものを見つけられず、なすすべもなくいら立つことしかできずにいた。そんな中、偶然、車椅子バスケと出逢う。一つのボールを手にしたことで「妻に誇れる男でありたい。生まれてくる子に誇れる父でありたい。自分に誇れる人生を歩みたい」と、パラリンピック日本代表選手という新たな目標を見つけ奮闘していく。

増本プロデューサーは「この物語は5年前から取材を進めてきた悲願のドラマ」と語り、企画意図について「世の中の人々はみな、大なり小なり、それぞれが抱える困難に立ち向かっていると思います。夫婦の絆、家族の絆を支えに、大きな困難に立ち向かう主人公の姿を描くことで、それが世の中へのエールになれば」とコメント。また、櫻井の起用理由については「国民的スターでありながら親しみやすく、そして茶目っ気と真面目さが同居する稀有な役者だと思います。そんなキャラクターが主人公にぴったりと思いオファーさせていただきました」と明かした。

また、モデルとなった京谷については、「初めてお会いした時の印象は“頑張ってるな”とか“障がいがあるのに偉いな”とかそういうものではなく、とにかく“かっこいい人だな”というものでした。この番組は、障がいを売りものに視聴者の涙を誘う、そんな番組ではありません。車椅子バスケットボールというフィールドで自分の限界に挑戦する主人公がアスリートとして純粋にかっこいい、そしてそれを支える最愛の人や、家族がこれまた抜群にかっこいい、そんな風に思ってもらえるドラマを目指します。逆境に負けず人生を謳歌する人たちのドラマを、ぜひ大切な人と一緒にご覧いただければ」と熱く語っている。

PICK UP