「夜神月は生きてる?」映画『デスノートLNW』本予告映像が解禁

人気コミックを実写化して大ヒットした映画『デスノート』(2006年)の10年後を描く続編『デスノート Light up the NEW world』(2016年10月29日公開)。この度、本予告映像が解禁され、新たな死神の存在などが明らかになった。

2006年に公開された映画『デスノート』では、名前を書き込むことで人を殺すことができるノートを使用し、犯罪者のいない新世界を造り、神になろうとした青年・夜神月(藤原竜也)、通称“キラ”と、彼を捕まえようとする世界一の探偵・L(松山ケンイチ)との熾烈な心理戦・頭脳戦が描かれた。それから10年後に舞台を移し、正統な続編として紡がれる本作では、死神が6冊のデスノートを地上にもたらし、世界中が大混乱に陥っていた。そんな中、キラ事件に精通した“デスノートを追う男”三島創(東出昌大)を筆頭に、5人の対策特別チームの捜査官たちを中心とした<デスノート対策本部>が構えられていた。そこに、世界的私立探偵にして、Lの正統な後継者“デスノートを封じる男”竜崎(池松壮亮)も加わり事件解明に当たる。そして、無差別殺人の現場で一冊のデスノートを入手。しかし、その現場には、キラ信奉者“デスノートを制する男”紫苑(菅田将暉)の姿が……。“人間界で同時に存在していいノートは6冊まで”という「6冊ルール」のもと、今、デスノートを巡る三つ巴の戦いの火蓋が切って落とされる。

解禁となった映像は、「そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という死神のノート“デスノート”を巡る2人の天才の壮絶な戦いが繰り広げられた2006年から、舞台を2016年現在に移すところからスタート。まずは、デスノートを使って犯罪者を粛清し、理想の社会を作り上げようとした月とは真逆に、無差別殺人を行う“思想なき”デスノート所有者・青井さくら(川栄李奈)によって、渋谷が大混乱に陥る様子が映し出さる。さらに、「もっとおもしろいもん見せてもらおうじゃねぇか」とデスノートを揺らす死神・リューク(中村獅童)や、白い死神・アーマ、その2体とは異なる金色の死神も登場。果たして、彼らは誰にデスノートをもたらしたのか。また、残りの寿命の半分と引き換えに“死神の目”を契約した者のみに見える風景も……。

その後、竜崎の「こっから先はデスノート争奪戦だ」という言葉を皮切りに映し出される、本作の全貌を推理させるかのように連鎖する疑惑。「これは罠だ!」と叫ぶ三島、自身に銃を向ける竜崎。そして、「夜神月は生きている」と月の元恋人・弥海砂(戸田恵梨香)に不敵な笑みを浮かべる紫苑が。「そんな話、信じるわけないでしょ?」と返事をするも、再びデスノートを手にした海砂の元にはリュークが現れる。

終盤では、「俺はお前も見ているからな」と火花を散らす三島と竜崎。デスノートを手に「キラのおかげで僕は呪縛から開放された」と語る紫苑。果たして、これらの言葉が意味することとは。そして、海砂の「月は生きてるの……?」という言葉に隠された真実とは? 安室奈美恵による書き下ろし主題歌「Dear Diary」がより一層の迫力を与えており、一瞬たりとも見逃せない映像となっている。